安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 鎌倉幕府の滅亡

鎌倉幕府の滅亡 316

鎌倉幕府の滅亡

“無敵の鎌倉幕府”はなぜ滅びたのか? 新たな見解で定説を覆す!

著者 細川 重男
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2011/02/21
ISBN 9784642057165
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

「不敗神話」の崩壊―プロローグ/幕府の職制(御家人制の成立/御家人間抗争と職制/職制の成立と制度)/特権的支配層の成立(中央集権と特権的支配層/特権的支配層の家々/特権的支配層の財力と所領経営)/鎌倉幕府の滅亡(寄合合議制の政治/地方分権と中央集権の相克/「形の如く子細なき」政治/元弘の乱)/そして動乱の彼方に―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

源頼朝の鎌倉入りから153年続いた鎌倉幕府は、元弘3年5月、新田義貞を主将とする倒幕軍の総攻撃を受け呆気なく滅亡した。至高の敵後鳥羽院、空前の敵モンゴル帝国との戦いに、不敗を誇り続けた幕府はなぜ敗れたのか? 政変や戦乱の経過のみならず、幕府政治の根幹を成す御家人制の質的変化に注目。定説にメスを入れ、幕府滅亡の真実に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

将軍・執権・連署

将軍・執権・連署

さまざまな切り口を示し、幕府の本質に迫る

 
鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
 
三浦一族の中世

三浦一族の中世 400

実像が見直されている三浦一族の興亡を描く

著者:高橋 秀樹
 
都市鎌倉の中世史

都市鎌倉の中世史 301

従来のイメージを覆す、新しい鎌倉都市論!

著者:秋山 哲雄
 
 
鎌倉源氏三代記

鎌倉源氏三代記 299

頼朝はいかにして源氏の棟梁となったのか?

著者:永井 晋
 
鎌倉大仏の謎

鎌倉大仏の謎 295

いつ、誰が、何のために大仏を造ったのか?

著者:塩澤 寛樹
 
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
鎌倉時代

鎌倉時代

政争・戦乱の史実を解明し、時代を展望

著者:上横手 雅敬
 
 
足利尊氏と直義

足利尊氏と直義 272

兄弟間の対立が、新たな歴史を創った!

著者:峰岸 純夫
 
 
武者の世

武者の世

頼朝の時代から鎌倉幕府滅亡まで解く

著者:福田 以久生
 
鎌倉 古寺を歩く

鎌倉 古寺を歩く 202

知られざる鎌倉寺社散歩

著者:松尾 剛次
 
 
新田義貞

新田義貞 239

『太平記』に創出された凡将・愚将観を覆す

著者:峰岸 純夫
 
鎌倉北条氏の興亡

鎌倉北条氏の興亡 159

イメージを一新する知られざる光と影の歴史

著者:奥富 敬之
 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
モンゴルの襲来

モンゴルの襲来 9

世界史的視野からモンゴルの襲来に迫る

著者:近藤 成一
 
 

このページのトップへ