安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 物部の民俗といざなぎ流

物部の民俗といざなぎ流

物部の民俗といざなぎ流

病気治癒・家の神祭祀・祈雨の祈祷が伝わるいざなぎ流の特質を論じる。失われつつある自然への畏れと、その関わり方を問い直す。

著者 松尾 恒一
ジャンル 民俗学
シリーズ 民俗学 > 日本歴史民俗叢書
出版年月日 2011/06/09
ISBN 9784642073707
判型・ページ数 A5・250ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

いざなぎ流の近代/物部の職能民といざなぎ流(木霊をめぐる祭儀と信仰/物部の大工、建築儀礼といざなぎ流/物部の狩猟と動物霊の鎮魂―西山法をめぐって―/物部の諸職といざなぎ流祈祷―錦の衣と機織りの呪術―)/いざなぎ流祈祷と物部の習俗(いざなぎ流、託宣祈祷の諸相―神霊と交感する言葉と身体―/死霊・祖霊をめぐるいざなぎ流祈祷/物部の葬送習俗といざなぎ流祈祷―境界的時空における儀礼の考察―/いざなぎ流における仮面と呪法

このページのトップへ

内容説明

高知県物部(ものべ)地域に、太夫と呼ばれる民間宗教者により、前近代より伝えられてきたいざなぎ流。現在でも病気治癒の祈祷や、家の神や咒詛(すそ)神(しん)・動物霊に対する祭儀が行われる。それらの諸祈祷について、山深い物部で活動した職能民の技術や祭儀との結びつきにも注目して論じる。失われつつある自然への畏怖や、関わり方を地域の民俗から問い直す。

【編集者の眼】
 いざなぎ流とは、山深い高知県旧ものべそん物部村に伝わる民間信仰のこと。仏教・神道・陰陽道などが混じり合った独特の信仰で、現在でも太夫と呼ばれる宗教者が依頼に応じて病気治癒・家の神祭祀などのきとう祈祷を行うが、その内容は近世以前に遡るともされる貴重な事例でなのである。 その祭儀に使用される御幣は神々や精霊の形に切られ、その表現の豊かさ、世界観の奥深さに驚きを禁じ得ない(『土佐・物部村 神々のかたち』INAX出版、を参照されたい)。
 祈?や呪術といった習俗を前近代の非合理的なものと言うのは簡単である。しかし、物部では日々のいとなみの中にこうした信仰が生き、いま、われわれが失いつつある自然への畏れを持ち続けているのである。 
 いざなぎ流も過疎化、高齢化により衰退の道を辿っている。このような地域文化を少しでも多くの方に知っていただければと思う。  (雲)

このページのトップへ

関連書籍

民俗小事典 神事と芸能

民俗小事典 神事と芸能

神と人の関わり方を知るための375項目

 
 

このページのトップへ