安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

源氏嫡流の系譜を辿り、武士たちを生み出した風土から歴史のロマンを味わう。詳細な地図と写真を収めた、歴史散歩のガイドブック。

著者 峰岸 純夫
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 歴史の旅
出版年月日 2011/03/23
ISBN 9784642080521
判型・ページ数 A5・174ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

太平記と新田・足利荘/Ⅰ 新田・足利荘の歴史と風土(新田荘の歴史〈新田荘の景観/新田荘と新田一族/新田義貞の生品神社挙兵/足利千寿王、世良田で第二次蜂起/新田荘の遺跡〉/足利荘の歴史〈足利荘の景観/足利氏と足利荘/足利荘の遺跡/新田・足利両氏の比較〉以下細目略)/Ⅱ 新田荘をゆく(長楽寺と総持寺―西南部―/新田嫡流ゆかりの地を尋ねる―中央部―/岩松氏と堀口氏―南東部―/牛の塔と大島館・金山城―東部―/条里制水田地帯と里見氏の故地―東南部―/笠懸野と天神山凝灰岩―北部―)/Ⅲ 足利荘をゆく(鑁阿寺と足利学校―中央部―/よみがえる樺崎寺と高南氏のふる里―東北部―/密教寺院鶏足寺と小俣氏―西北部―/梁田御厨と木戸地区―南部―/太平記の里 新田・足利荘地図一覧・図版一覧

このページのトップへ

内容説明

鎌倉幕府を倒した、新田義貞と足利尊氏。源氏嫡流の系譜を辿り、武士(もののふ)たちを生み出した風土を探る。新田氏累代の石塔が立ち並ぶ円福寺、義貞旗揚げの生品(いくしな)神社、世良田宿(せらだじゅく)と長楽寺。足利氏の偉容を伝える鑁阿寺(ばんなじ)と足利学校、発掘でよみがえる樺崎寺(かばざきでら)等々。詳細な地図と豊富な写真でゆかりの地に誘う。史跡を訪ね歴史を学ぶ、新しい歴史散歩のガイドブック。

このページのトップへ

関連書籍

吉野の霧 太平記

吉野の霧 太平記

激動の中世を描く歴史文学の傑作!

著者:桜井 好朗
 
新田一族の中世

新田一族の中世 408

『太平記』に刻まれた“武家の棟梁”の姿!

著者:田中 大喜
 
 
高 師直

高 師直 406

悪人イメージが根強い改革派政治家を再評価

著者:亀田 俊和
 
太平記の世界

太平記の世界

光と闇を生き抜き、戦い続けた人々を描く

著者:佐藤 和彦
 
 
足利尊氏と関東

足利尊氏と関東

尊氏ゆかりの関東に、等身大の姿を発見!

著者:清水 克行
 
南北朝内乱と東国

南北朝内乱と東国 4

東国社会に展開した『太平記』の世界を描く

著者:櫻井 彦
 
 
足利尊氏再発見

足利尊氏再発見

歴史と美術でアプローチ。尊氏研究の最前線

 
中世 歴史と文学のあいだ

中世 歴史と文学のあいだ

数々の古典はいかにして中世に現われたのか

著者:大隅 和雄
 
 
歴史の旅 甲州街道を歩く

歴史の旅 甲州街道を歩く

日本橋から下諏訪まで。豊富な図版で道案内

著者:山口 徹
 
歴史の旅 壬申の乱を歩く

歴史の旅 壬申の乱を歩く

古代史の謎を豊富な地図と写真で道案内

著者:倉本 一宏
 
 
歴史の旅 東海道を歩く

歴史の旅 東海道を歩く

日本橋~京都まで、豊富な図版で道案内

著者:本多 隆成
 
 
太平記を読む

太平記を読む

文学史上の『太平記』の嘘と真実に迫る

著者:市沢 哲
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 8

激動の世紀と群像たちの姿

著者:森 茂暁
 
 
歴史の旅 武田信玄を歩く

歴史の旅 武田信玄を歩く 160

新しい信玄を捜す歴史の旅へ。

著者:秋山 敬
 
新田義貞

新田義貞 239

『太平記』に創出された凡将・愚将観を覆す

著者:峰岸 純夫
 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
 

このページのトップへ