安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 〈日本美術〉の発見

〈日本美術〉の発見 317

岡倉天心がめざしたもの

〈日本美術〉の発見

フェノロサらと関わりつつ、古美術保存活動に献身した岡倉天心。「日本美術」発見にいたったその足跡を、新史料を交えて描き出す。

著者 吉田 千鶴子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
美術史 > 日本美術史
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2011/03/18
ISBN 9784642057172
判型・ページ数 4-6・220ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ―「一生の最快事」―/「日本美術」発見前史(明治維新と古物の受難/博覧会と博物館/日本「美術」への回帰)/美術の価値(関心の高まり/天心を支えた人々)/古美術との対面(法隆寺夢殿秘仏の開扉/美術行政促進運動/制度確立へ向けて)/「日本美術」発見の軌跡(全貌の把握へ向けて/東京美術学校/古美術保護・研究の促進および美術発展計画/古美術保護制度)/尽きせぬ日本美術の魅力(天心の失脚/さらなる発見を求めて)/エピローグ―法隆寺金堂壁画―

このページのトップへ

内容説明

明治初年、極端な欧化政策の中で日本の美術は壊滅の危機に瀕していた。価値なきものとしてみられていた古物を、岡倉天心はいかにして「美術」品として再評価させたのか。奈良や京都の仏像を調査し、フェノロサをはじめ、さまざまな人々と関わりつつ古美術保存活動に献身して、ついに「日本美術」発見にいたった天心の足跡を、新史料を交えて描く。

このページのトップへ

関連書籍

社会とつながる美術史学

社会とつながる美術史学

社会にとって美術の持つ意味とは何か?

著者:太田 智己
 
明治絵画と理想主義

明治絵画と理想主義

「理想」とは何か?美学的背景から考察する

著者:植田 彩芳子
 
 
工芸とナショナリズムの近代

工芸とナショナリズムの近代

なぜ〈工芸〉は生まれたのか?

著者:木田 拓也
 
岡倉天心 思想と行動

岡倉天心 思想と行動

多様な面から彼を再評価し、新知見を提示

 
 
日本の美術

日本の美術

日本美術の心と造形を詩情豊かに語りつくす

著者:田中 日佐夫
 
概説日本美術史

概説日本美術史

類書と異なり具体的様式の史的展開を重視

著者:町田 甲一
 
 
日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術全般を平易に解説した入門書

著者:久野 健
持丸 一夫
 
岡倉天心

岡倉天心

近代日本美術生みの親の生涯を描く

著者:斎藤 隆三
 
 
明治国家と近代美術

明治国家と近代美術

近代日本にとって“美”とは何か?

著者:佐藤 道信
 
 

このページのトップへ