安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 地図から消えた島々

地図から消えた島々 322

幻の日本領と南洋探検家たち

地図から消えた島々

中ノ鳥島、グランパス島…。地図上に確かに存在し、やがて実在しないことが判明したまぼろしの島々の、誕生から消滅までの謎を解く。

著者 長谷川 亮一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
歴史文化ライブラリー > 民俗学・人類学
出版年月日 2011/05/20
ISBN 9784642057226
判型・ページ数 4-6・270ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

まぼろしの島々への招待―プロローグ/疑存島とはなにか(北太平洋のまぼろしの島々/海図と疑存島/日本近海の疑存島)/ヨーロッパ人と北太平洋(スペイン人と北太平洋/「無人嶋」と小笠原島/イキマ島の“誕生”/イギリス人と北太平洋/グランパス島とヌートカ湾危機/マッコウクジラとグアノ)以下細目略/「南進」の夢想と現実/孤島をめぐる争い/中ノ鳥島の謎/疑存島の“消滅”とその後)/“山師”たちの夢のあと―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

明治末期に〝発見〟され大日本帝国に公式に編入された中ノ鳥島、一攫千金を夢見る冒険商人たちが相次ぎ探検の船を出したグランパス島…。19世紀後半から20世紀初頭、地図上に確かに存在した日本列島南方海域の島々。やがて実在しないことが判明するこれらまぼろしの島々の、〝誕生〟から〝消滅〟までの複雑に錯綜するミステリーを解きほぐす。

長谷川亮一先生のホームページ「望夢楼」へ

このページのトップへ

関連書籍

古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
日本地図史

日本地図史

もう一つの言語としての地図の役割に迫る

 
 

このページのトップへ