安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家康公伝 3 【逸話編】三河から関東の覇者へ

家康公伝 3 【逸話編】三河から関東の覇者へ

家康公伝 3 【逸話編】三河から関東の覇者へ

人質生活から、幾多の戦いを経て大大名へ成長し、秀吉の死後の関ヶ原の戦い前夜まで、さまざまなエピソードを集めた、逸話編第一冊。

著者 大石 学
佐藤 宏之
小宮山 敏和
野口 朋隆
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 徳川実紀
出版年月日 2011/05/27
ISBN 9784642018135
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

織田・今川家で人質生活を送った家康は、独立後三河国を統一し、武田信玄や浅井・朝倉氏などとの戦いを経て、五ヶ国を領する大大名へと成長した。信長の後継者、豊臣秀吉には小牧・長久手で勝利するも臣従。小田原攻めや名護屋に出陣し、五大老筆頭として活躍する。秀吉死後、関ヶ原合戦前後までのさまざまなエピソードを集めた、逸話編第一冊。

このページのトップへ

関連書籍

徳川家康と関ヶ原の戦い

徳川家康と関ヶ原の戦い

東西両軍が激突した古戦場を訪ね歩く

著者:本多 隆成
 
家康公伝 5 【逸話編】家康をめぐる人々

家康公伝 5 【逸話編】家康をめぐる人々

さまざまな人々とのエピソード。全5巻完結

 
 
家康公伝 4  【逸話編】関ヶ原と家康の死

家康公伝 4 【逸話編】関ヶ原と家康の死

幕府の礎を築く中で家康は息を引き取る

 
家康公伝 2 江戸開府

家康公伝 2 江戸開府

将軍職を世襲化し、豊臣家を討つと決意する

 
 
家康公伝 1 関ヶ原の勝利

家康公伝 1 関ヶ原の勝利

江戸幕府の大編年史を、初めて現代語訳化!

 
 

このページのトップへ