安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代国制史論

日本古代国制史論

日本古代国制史論

東アジアの隣国、唐や新羅と比較し、日本の国制の独自性に迫る。大化前代・律令国家・王朝国家の特質と転換を明らかにした注目の書。

著者 佐々木 宗雄
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2011/06/09
ISBN 9784642024822
判型・ページ数 A5・340ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 日本古代国制の諸段階/律令国家体制の転換(律令国家体制と地方―地方官・四度使・租と正税/律令国家体制の転換/王朝国家体制の特質)/日本古代国家の地方統制(律令国家の地方統制の構造/律令国家の地方統制の展開/国家体制の転換と地方統制)/日唐国家機構の特質(唐の国家運営の特質/律令官制の特質/日唐国家機構の相違の根源)/古代日本の国制と新羅(新羅の国制/大化前代の国制/七世紀後半以後の国制)/律令国家機構・内廷とその転換(律令国家機構と内廷/十世紀以降の内廷と国家機構/国家機構・内廷転換の時期とその影響―王朝文化の基盤の生成)以下細目略/蔵人制・昇殿制と王朝国家の成立/令支配とその転換/王朝国家と王朝文化/終章 王朝国家と日本の中世

このページのトップへ

内容説明

従来、11世紀までの日本古代を一貫してとらえ、その国制の推移を追究するということは、行われてこなかった。東アジアの隣国、唐や新羅の国制にも目を向けながら、中央と地方の関係に最もよく表れた日本古代の国制の独自性を浮かび上がらせる。そして、大化前代・律令国家・王朝国家それぞれの国制の特質とその転換を明らかにする注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

日本中世国制史論

日本中世国制史論

国制の変遷を初期―前期―後期に分け論じる

著者:佐々木 宗雄
 
 

このページのトップへ