安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世南都仏教の展開

中世南都仏教の展開

中世南都仏教の展開

僧侶と寺院の動向を検証することにより、鎮護国家の祈願に奉仕した南都仏教の実態に迫る。著者中世南都仏教研究の三部作をなす。

著者 追塩 千尋
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2011/06/22
ISBN 9784642029018
判型・ページ数 A5・350ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに―本書の意図/中世南都仏教の胎動(摂関・院政期戒律史の一視点―持戒の観点から―〈課題の提示/戒律復興に至る必然性/興福寺東西金堂衆と戒律〉/弁暁と東大寺再興〈伝記上の諸問題/諸法会への出仕/東大寺の再興/弁暁の宗教活動〉/勧進聖としての栄西〈栄西の勧進性に関わる研究動向/第一回入宋以前(一一四一~一一六八年、誕生から二十八歳まで)/第二回入宋前後の関係寺院〉以下細目略)/東大寺戒壇院の僧侶たち(東大寺聖守の宗教活動/円照の勧進活動と浄土教・密教/凝然の宗教活動―凝然像の再検討―)/古代寺院の中世的展開(中世の橘寺と西大寺流/古代・中世の家原寺/西寺の沿革とその特質)

このページのトップへ

内容説明

奈良時代、唐の仏教を手本に鎮護国家の祈願に奉仕した南都仏教。摂関・院政期における動向は、中世とどう連続していくのか。南都生え抜きの僧により営まれた南都仏教とはいかなるものだったのか。中世後半の課題は何か。これらの問いに対し、僧侶と寺院の動向を検証することにより、南都仏教の実態に迫る。著者中世南都仏教研究の三部作をなす。

このページのトップへ

関連書籍

室町期顕密寺院の研究

室町期顕密寺院の研究

東寺と東大寺は政治・社会にどう対応したか

著者:西尾 知己
 
 

このページのトップへ