安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国時代の足利将軍

戦国時代の足利将軍 323

戦国時代の足利将軍

戦国時代の100年間、なぜ将軍は滅亡しなかったのか。各地の大名は将軍をどう見ていたのか。知られざる将軍・幕府の実態を解明。

著者 山田 康弘
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2011/06/20
ISBN 9784642057233
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

戦国時代の足利将軍を問い直す―プロローグ/将軍存立をめぐる基礎知識(相互に補完しあう将軍と大名/戦国時代の幕府と〈幕府〉)/戦国時代の将軍と大名(大名間における栄典の機能/ゆるやかな連合としての将軍と大名/征夷大将軍と足利氏)/将軍義昭と織田信長(義昭を利用する信長/義昭・信長「二重政権」の構造と淵源)/〈天下〉の次元の三和音(〈天下〉の次元と〈国〉の次元/〈天下〉をめぐる三つの視点)/戦国時代の足利将軍をどうイメージすべきか―エピローグ/あとがき

このページのトップへ

内容説明

「戦国時代の足利将軍は無力であった」といわれるが、なぜそのような将軍が戦国時代100年もの間、途中で滅亡しなかったのか。戦国時代の室町幕府とはいかなる存在であり、大名たちは将軍をどのように見ていたのか。将軍と各地の大名たちとの関係の分析などを通じて、戦国期日本列島社会の全体像を考えるうえで欠かせない、将軍・幕府の実態に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

乱世の王権と美術戦略

乱世の王権と美術戦略 3

天皇と天下人、和と漢。相克という美の磁力

著者:髙岸 輝
黒田 智
 
足利義政と東山文化

足利義政と東山文化

応仁の乱を招き、文化を育てた将軍の生涯

著者:河合 正治
 
 
石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

写真と翻刻で、全3巻47通の全容がわかる

 
名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
 
足利尊氏と直義

足利尊氏と直義 272

兄弟間の対立が、新たな歴史を創った!

著者:峰岸 純夫
 
足利義持

足利義持 253

動乱の狭間、平穏な時代築いた室町四代将軍

著者:伊藤 喜良
 
 
足利義満

足利義満

南北朝を合体し幕府の基礎を固めた権勢者伝

著者:臼井 信義
 
足利義昭

足利義昭

室町幕府最後の将軍。数奇な生涯を描く

著者:奥野 高広
 
 

このページのトップへ