安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世 歴史と文学のあいだ

中世 歴史と文学のあいだ

中世 歴史と文学のあいだ

『平家物語』『太平記』『沙石集』など数々の古典は、いかにして中世に現われたのか。文化史の第一人者が、模索し続けた感動の書。

著者 大隅 和雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
国語・国文学 > 国文学
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2011/08/05
ISBN 9784642063746
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

歴史叙述と文学―序にかえて―/Ⅰ 末法の宗教と文学(隠者と遁世/西行―宗教と文学―/親鸞とその時代/親鸞と『歎異抄』)/Ⅱ 『平家物語』とその背景(東国への視点/『平家物語』と思想史/『平家物語』とその時代/『平家物語』と説話集)/Ⅲ 説話集と思想(無住と『沙石集』/無住の思想と文体―中世説話文学ノート―/無住『雑談集』をめぐって/無住の伝記に関するノート)/Ⅳ 内乱期の思想と文化(北畠親房と『神皇正統記』/『神皇正統記』と『増鏡』/『太平記』と往来物/思想史からみた『太平記』)/Ⅴ 中世文化の諸相(中世の思想/中世の仏教と神々/醍醐寺の縁起と説話/兼好と神道/歴史資料としての紀行文学/紀行文と中世の文化)/本書にふれた中世の主要歴史書・文学書作品略解説/あとがき/『中世 歴史と文学のあいだ』を読む

このページのトップへ

内容説明

乱世の移り変わりを描く『平家物語』『太平記』、民間実話をもとに仏の功徳を説く『沙石集』、絶対の真理から世の変遷を捉えた『神皇正統記』。これら古典から、どのような歴史を読み取ることができるのか。数々の古典はいかにして今ある形をとり、中世に現れたのか。文化史研究の第一人者が、歴史と文学のあいだで模索し続けた23編を収録する。

このページのトップへ

関連書籍

西行・慈円と日本の仏教

西行・慈円と日本の仏教

和歌・文学・仏像…。日本の固有性を考える

著者:大隅 和雄
 
歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

歴史の旅 太平記の里 新田・足利を歩く

武士たちの里を辿り、歴史のロマンに浸る!

著者:峰岸 純夫
 
 
平家物語を読む

平家物語を読む

軍記物『平家物語』の虚像と史実に迫る

著者:川合 康
 
太平記を読む

太平記を読む

文学史上の『太平記』の嘘と真実に迫る

著者:市沢 哲
 
 

このページのトップへ