安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > その後の東国武士団

その後の東国武士団 327

源平合戦以後

その後の東国武士団

佐竹・宇都宮・新田・足利・武田・千葉氏…。彼らは、室町・戦国期をどのようにして生き抜いていったのか。その栄枯盛衰に迫る。

著者 関 幸彦
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2011/08/22
ISBN 9784642057271
判型・ページ数 4-6・236ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

東国武士団と「鎌倉」体制―プロローグ
中世東国の年代記
 鎌倉幕府下の武士
  承久の乱前後―1200年代前期
  宝治合戦と三浦氏―1200年代中期
  蒙古襲来と東国武士―1200年代後期
 南北朝の動乱と鎌倉府
  元弘の乱と建武政権―1300年代前期
  観応の擾乱―1300年代中期
  明徳の乱―1300年代後期
 戦国期の東と西
  応永・永享の乱と結城合戦―1400年代前期
  享徳の乱と東国社会―1400年代中期
  応仁・文明の乱と戦国社会―1400年代後期
東国武士団の消長
 常陸国/下野国/上野国/甲斐国/伊豆国/相模国/武蔵国/房総三国

このページのトップへ

内容説明

『吾妻鏡』『平家物語』に登場し、源平の争乱で活躍した東国武士団。彼らは、鎌倉幕府滅亡後も武家の都として機能し続けた「鎌倉府」体制をいかにして生き抜いていったのか。佐竹・小山・宇都宮・新田・足利・武田・伊東・千葉氏など、坂東八ヵ国と伊豆・甲斐の国における動向を探り、対抗・妥協・滅亡の歴史を繰り広げた東国武士団の消長を辿る。

【編集者の眼】
 中世史で、東国がクローズアップされるのは、まずは源平合戦だろうか。その前となると古代の平将門の乱までさかのぼり、その後の室町~戦国期は、また京都が政治の中心となり、東国は歴史の波間にとびとびで顔をだしている感が否めない。
 本書では、この間隙をぬい、室町時代あたりまでの東国を描写する。局地的なことのように感じられもする地方武士団の動向を見ていくことで、政治や社会の大筋をもうかがい知ることができる。
 佐竹氏、小山氏、上杉氏、三浦氏、武田氏、千葉氏……、鎌倉時代に名を馳せた名族はどうなっていったか。生き残りをかけた壮絶な軍事行動の数々と一族の変転を描きだす。
 承久の乱、宝治合戦、観応の擾乱、明徳の乱など途切れることなく争いつづけ、戦国時代へと突入する。縁故や知略をもって生き抜いていくものもあれば、没落してくものもあって、栄枯盛衰はなはだしい。(蟹)

このページのトップへ

関連書籍

相模武士団

相模武士団

政治権力の磁場に生起した武士団の興亡!

著者:関 幸彦
 
列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
 
熊谷直実

熊谷直実 384

僧となった東国武士。苦悩と行動の真意とは

著者:高橋 修
 
武蔵武士団

武蔵武士団

平家物語・太平記から浮かび上がる全貌!

著者:関 幸彦
 
 
足利尊氏と関東

足利尊氏と関東

尊氏ゆかりの関東に、等身大の姿を発見!

著者:清水 克行
 
東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士のネットワークと内乱のなかの日常

著者:高橋 一樹
 
 
東国の戦国合戦

東国の戦国合戦 10

動乱期を生きた東国武士団の合戦絵巻

著者:市村 高男
 
関東公方足利氏四代

関東公方足利氏四代

父から子へ、受け継がれた野心が乱世を招く

著者:田辺 久子
 
 

このページのトップへ