安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 〈新〉弥生時代

〈新〉弥生時代 329

五〇〇年早かった水田稲作

〈新〉弥生時代

東アジア国際情勢、広まりの遅い水田稲作…。「炭素14年代測定法」による衝撃の測定結果で、500年遡る日本列島の全体像を描く。

著者 藤尾 慎一郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
出版年月日 2011/09/20
ISBN 9784642057295
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第二次炭素14年代革命―プロローグ/新しい弥生の世界へ(新しい年代観が変えるもの―本書の構成と視角―/方法論の行き違い/前一〇世紀に水田稲作を伝えたのは誰か―朝鮮半島青銅器前期社会の人びと―)以下細目略/鉄器のない水田稲作の時代―「イネと鉄」から「イネと石」の弥生文化へ―/なかなか広まらなかった水田稲作/変わる弥生村のイメージ―弥生集落論の見直し/弥生文化の輪郭―前三~前二世紀における日本列島内の諸文化/「イネと鉄」から「イネと石」の弥生文化へ―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

近年、国立歴史民俗博物館の「炭素14年代測定法」による衝撃の測定結果が、これまでの弥生文化像を覆しつつある。見直しを余儀なくされた稲作開始期の東アジア国際情勢、鉄器がない当初の数百年、広まりの遅い水稲耕作、変化を迫られる村や墳墓の景観…。500年遡る新しい年代観から導き出された、弥生文化併行期の日本列島の全体像を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

文明に抗した弥生の人びと

文明に抗した弥生の人びと 449

大陸の新文明をどのように改変していったか

著者:寺前 直人
 
島国の原像

島国の原像

“楽しい考古学”の深層に迫る斬新な文明史

著者:水野 正好
 
 
赤米のたどった道

赤米のたどった道

陰ながら日本を支え続けた“米”の歴史!

著者:福嶋 紀子
 
タネをまく縄文人

タネをまく縄文人 416

土器の中に眠っていた考古資料から解明する

著者:小畑 弘己
 
 
倭人への道

倭人への道 402

「倭人」の姿かたち・ルーツとは?

著者:中橋 孝博
 
倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
 
弥生文化像の新構築

弥生文化像の新構築

炭素14年代測定による新しい弥生文化像

著者:藤尾 慎一郎
 
交流する弥生人

交流する弥生人 123

弥生人は国際人だった。その活力の源を探る

著者:高倉 洋彰
 
 
古代を考える 稲・金属・戦争

古代を考える 稲・金属・戦争

弥生時代とは何か。縄紋時代との違いは?

著者:佐原 真
 
 

このページのトップへ