安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 渤海王国の政治と社会

渤海王国の政治と社会

渤海王国の政治と社会

支配体制の特質を、政治制度などの統合意識、領域内諸種族の存在・活動様態から考察。徹底した史料批判で国内事情の視角から解明。

著者 赤羽目 匡由
ジャンル 外国歴史 > 東洋史
出版年月日 2011/10/13
ISBN 9784642081504
判型・ページ数 A5・328ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 近年における渤海史の研究動向/八世紀中葉の渤海情勢と地方社会の再編(八世紀中葉における渤海の対新羅関係の一側面―『三国史記』所引、賈耽『古今郡国県道四夷述』逸文の分析―/安東都護府の推移と安史の乱における渤海の遼東進出問題―いわゆる賈耽「道里記」の「営州入安東道」記事の分析―/唐代越喜靺鞨の住地とその移動)/九世紀渤海の中央権力構成と地方社会の様相(九世紀渤海における中央権力中枢の構成―封敖作「与渤海王大彝震書」の分析―/渤海・新羅接壌地域における黒水・鉄勒・達姑の諸族の存在様態―渤海の辺境支配の一側面―/補説第一 新羅泉井(井泉)郡の位置について/補説第二 『新唐書』渤海伝の交通路記事について)以下細目略/第三編 東アジアにおける渤海認識/終 章

このページのトップへ

内容説明

高句麗遺民と靺鞨(まつかつ)人により建国され、多種族国家であった渤(ぼっ)海(かい)王国。国内統合の背景には政治的権威が不可欠であった。支配体制の特質を、政治制度や支配層の統合意識、領域内諸種族の存在・活動様態に着目し考察。従来、史料的制約により主に周辺諸国との交流史の中で捉えられてきた渤海史を、徹底した史料批判により国内事情の視角から解明する。

このページのトップへ

関連書籍

渤海国とは何か

渤海国とは何か 458

国際交流を軸に、多種族国家の実像に迫る

著者:古畑 徹
 
古代日本と北の海みち

古代日本と北の海みち

渤海国の使節、交易等から対外関係を考える

著者:新野 直吉
 
 
古代の都はどうつくられたか

古代の都はどうつくられたか 313

各国の都の姿に中国の統治思想の受容を探る

著者:吉田 歓
 
渤海国興亡史

渤海国興亡史 106

渤海人を主人公に描く初の興亡史。

著者:濱田 耕策
 
 

このページのトップへ