安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の武器・武具と軍事

日本古代の武器・武具と軍事

日本古代の武器・武具と軍事

未開拓な奈良・平安時代の武器研究に、考古学の立場から迫る。甲冑・鎧兜、鉄鏃の変遷を追い、律令国家の武装整備の実像を論じる。

著者 津野 仁
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2011/10/13
ISBN 9784642024860
判型・ページ数 B5・304ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 古代武器・武具研究の現状と課題/武器・武具の基礎的研究―編年―(小札甲(大鎧)・冑(兜)の編年〈小札甲の構造の変遷/奈良時代から平安時代前半の鉄製小札の編年と意義/付属具の編年/大鎧の編年/冑(兜)の編年〉/鉄鏃の編年〈古代鉄鏃の研究概観/小形式分類と編年―主に東日本の出土鉄鏃―/時期区分と変遷/鉄鏃変遷の意義〉以下細目略/大刀・太刀の編年/武器類変遷の画期)/武器・武具の所有と政策論(唐様大刀の機能性/鉄鏃からみた官の武器政策/民衆の武器所有)/古代の武器生産(官衙の工房と労働力編成/武器生産と分業の展開/官衙の鉄器生産―鉄器組成からみた場合―/武器の共通性と地域性からみた武器生産)/終章 律令国家の軍事基盤と展開―考古資料からみた武器政策と武士論への提言―

このページのトップへ

内容説明

未開拓で課題の多い奈良・平安時代の武器・武具研究に、考古学の立場から迫る。甲冑(かっちゅう)・鎧兜(よろいかぶと)、鉄鏃(てつぞく)・刀剣(とうけん)についてそれぞれ編年を提示し、その変遷を追う。武器の所有政策、生産の実態、儀仗(ぎじょう)としての側面などから、軍事国家ともいわれる律令国家の武装整備の実像を論究。武士発生論、そして日本軍事史に対し、出土品の検討から新たに光をあてる。

このページのトップへ

関連書籍

モノと技術の古代史 木器編

モノと技術の古代史 木器編

豊富な樹種を使い分けてきた知恵と技術

著者:宇野 隆夫
 
日本古代の軍事武装と系譜

日本古代の軍事武装と系譜

武装に関わる考古遺物の変遷と系譜を探る

著者:津野 仁
 
 
有識故実図典

有識故実図典

図版多数。有識故実の基本を1冊で。

著者:鈴木 敬三
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 
騎兵と歩兵の中世史

騎兵と歩兵の中世史 184

合戦の大転換はなぜ起こったか。

著者:近藤 好和
 
弓矢と刀剣

弓矢と刀剣 20

豊富な実物調査をもとに源平合戦を読み解く

著者:近藤 好和
 
 
有識故実大辞典

有識故実大辞典

歴史・古典文学の理解に必要不可欠の宝典

著者:鈴木 敬三
 
 

このページのトップへ