安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大坂両替店「聞書」 1

大坂両替店「聞書」 1

寛延四年~文化四年

大坂両替店「聞書」 1

寛延4年徳川吉宗の葬儀から、文化4年ロシア人の蝦夷地来襲までを収録。

著者 三井文庫 編集
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 三井文庫史料叢書
出版年月日 2011/09/16
ISBN 9784642017084
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序/発刊の辞/例言/大坂家質会所騒動(明和五年)/伊勢抜参り流行(明和八年)/河内国百姓一揆(明和六年)/日光社参(安永五年)/京坂疫病(安永五年)/浅間山噴火(天明三年)/内密御用金(天明三年)/田沼意知暗殺(天明四年)/京女郎大量検挙(寛政二年)/琉球使節(寛政二年)/東西大風雨(寛政三年)/島原噴火・肥後津波(寛政四年二月)/大奥大変事(寛政四年)/諸代官所粛清(寛政九年)/東大寺大仏殿炎上(寛政一〇年)/母娘敵打(寛政一〇年)/上覧相撲(享和二年)/大南京瓜(享和三年)/レザノフ来航(文化元年)/め組の喧嘩(文化二年)/蹴鞠色目(文化二年)/大盗賊暁一味捕縛(文化三年)/三業惑乱(文化三年)/ロシア人蝦夷地襲撃(文化四年)/孝女盗賊を捕縛(文化四年)/永代橋崩落(文化四年)

このページのトップへ

内容説明

『聞書』1は寛延4年徳川吉宗の葬儀から、文化4年ロシア人の蝦夷地来襲までを収録。浅間山、島原噴火や利根川大氾濫、江戸大火や東大寺大仏殿炎上といった災害、田沼意次失脚、松平定信の綱紀粛正などの幕政関連、内密御用金や運上金、大奥の変事、相撲秘伝や蹴鞠装束といった文化関係、三都の流行病、西本願寺の内紛など広範多彩な情報を収める。

カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 ダウンロード(4.7MB)


全巻構成
大坂両替店「聞書」(全7巻)
「聞書」1 寛延4年(1751)~文化4年(1807)
「聞書」2 文化5年(1808)~文政11年(1828)
「聞書」3 弘化2年(1845)~嘉永7年(1854)
「聞書」4 嘉永7年(1854)~安政6年(1859)
「聞書」5 安政6年(1859)~文久3年(1863)
「聞書」6 文久3年(1863)~慶応元年(1865)
「聞書」7 慶応元年(1865)~明治6年(1873)/解題
 (天保期分は現存しない)

このページのトップへ

関連書籍

近世大坂の町と人

近世大坂の町と人

経済活動、盛り場、適塾…商都の魅力に迫る

著者:脇田 修
 
三井高利

三井高利

近世日本最大の財閥三井家の始祖

著者:中田 易直
 
 

このページのトップへ