安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > アジアン戦国大名大友氏の研究

アジアン戦国大名大友氏の研究

アジアン戦国大名大友氏の研究

日本・中国・インド・ポルトガルに残る史料・絵画・遺物などから、「アジアン大名」としてのグローバルな志向性をもった営みを解明。

著者 鹿毛 敏夫
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2011/11/08
ISBN 9784642029032
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序にかえて/戦国大名領国のなかのアジア(一六世紀のBungoと大友氏〈はじめに―Iapan(日本)に並立するBungo(豊後)―/描かれた「大友宗麟」/史料が語る一六世紀の豊後府内/発掘と文献調査が明らかにした「大友館」/交易都市豊後府内の繁栄/参宮帳が語る豊後府内の住人〉以下細目略/戦国大名領国の国際性と海洋性/戦国大名と「南蛮」)/中世九州の都市と唐人・キリシタン文化(川からの中世都市/中世「唐人」の存在形態/アジアン大名家から生まれたキリシタン大名)/アジア社会と大名・禅僧・宣教師(日元禅僧の国際交流と大友氏/日本「九州大邦主」大友氏と中国舟山島/ポルトガル人が描いたザビエルとアジア・戦国日本)

このページのトップへ

内容説明

九州豊後の大友氏は、大陸に近い地の利を活かして、13~16世紀にわたり、中国や東南アジアを意識した政治・外交・経済・文化的政策を実行した。戦国大名の政権定義の枠組みをはるかに越え、「アジアン大名」としてのグローバルな志向性をもった国際的地域政権の営みを、日本・中国・インド・ポルトガルに残る史料・絵画・遺物などから解明する。

このページのトップへ

関連書籍

世界史のなかの天正遣欧使節

世界史のなかの天正遣欧使節

日欧双方に衝撃を与えた彼らの全貌に迫る!

著者:伊川 健二
 
アジアのなかの戦国大名

アジアのなかの戦国大名 409

乱世をグローバルに生きた彼らの領国経営!

著者:鹿毛 敏夫
 
 
大友宗麟

大友宗麟

キリシタン大名として有名な戦国武将

著者:外山 幹夫
 
 

このページのトップへ