安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕末期対外関係の研究

幕末期対外関係の研究

幕末期対外関係の研究

幕末の対外政策はペリー来航以前の「海防」、来航以後の「開港」に分けられる。寛政期から明治前期までの対外政策の連続性を解明。

著者 上白石 実
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2011/12/07
ISBN 9784642038089
判型・ページ数 A5・330ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序論 海防と開港(問題の所在と研究史の整理/海禁と異国船取扱いの原則/異国船来航の三つの波と海防/農兵について/開港について/各論の概要)/海防と農兵(文政七年大津浜事件に見る危機意識と異国船取扱いの原則〈事件の概要/危機の所在/異国船取扱いの原則〉以下細目略/寛政期対馬藩の海防体制/農兵をめぐる議論と海防強化令/筒井政憲―開港前後の幕臣の危機意識について―/三方領知替事件における川越藩―幕藩領主と「人気」―)/外交と開港(開港期の学問所と阿部正弘政権/安政改革期における外交機構/新潟開港問題と外国奉行の北陸巡見/幕府開港論の継承―新潟開港問題を中心として―/万延元年アメリカ大統領宛て国書)/結論 外国人隔離策としての海防と開港

このページのトップへ

内容説明

幕末の対外政策は、ペリー来航を画期として来航以前の「海防」と来航以後の「開港」とに分けられる。「海防」ついては対外問題だけでなく国内問題への対応の面からも考察。「開港」については外国人隔離という視点から追究。ペリー来航と向き合った阿部正弘政権を中心に、寛政期から明治前期まで、19世紀における日本の対外政策の連続性を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

開国と条約締結

開国と条約締結 70

“大号令”を再検証し幕末の対外政策を解明

著者:麓 慎一
 
開国前夜の世界

開国前夜の世界 5

一艘の英国船の漂着から始まる〈開国〉の道

著者:横山 伊徳
 
 
幕末の海防戦略

幕末の海防戦略 312

「海禁」を守る幕府から、海防の本質に迫る

著者:上白石 実
 
ペリー来航

ペリー来航 62

未曾有の危機に直面した日本の経験と知恵

著者:三谷 博
 
 
江戸の海外情報ネットワーク

江戸の海外情報ネットワーク 207

情報分析と幕府崩壊の道

著者:岩下 哲典
 
黒船がやってきた

黒船がやってきた 191

溢れる関心と好奇心で情報を求めた民衆の姿

著者:岩田 みゆき
 
 
黒船来航と音楽

黒船来航と音楽 119

泰平の眠りを覚ました西洋音楽!

著者:笠原 潔
 
 

このページのトップへ