安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近代日本の外交と宣教師

近代日本の外交と宣教師

近代日本の外交と宣教師

明治8年、米国長老教会の宣教師として来日したW・インブリー。「日本の近代化と宣教師」の関係を、政治外交面から解き明かす。

著者 中島 耕二
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
宗教史 > キリスト教
出版年月日 2011/12/15
ISBN 9784642038096
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

凡例/序章 課題と構成/Ⅰ インブリーの来日(インブリーの来日まで〈家系/生い立ち/実業界から教職者へ/宣教師任命〉/日本の開国と米国長老教会宣教師の来日〈日本伝道の開始/禁教下における米国長老教会宣教師の活動/キリスト教解禁問題と宣教師/日本人プロテスタント教会の成立と公会主義〉以下細目略/インブリーの来日と米国長老教会在日ミッションの再構築)/Ⅱ 明治の政治外交問題とインブリー(ノルマントン号事件とインブリー/一八九〇(明治二三)年インブリー事件/日清戦争前後とインブリー)/Ⅲ 改正条約実施とキリスト教界(明治三二年文部省訓令第一二号と外国ミッションの対応/改正条約実施と外国ミッションの対応/改正条約実施と外国ミッションの財産移転問題/日露戦争時の宗教問題と宣教師)/終章 明治国家の完成と宣教師

このページのトップへ

内容説明

安政の5ヵ国条約締結よりキリスト教の日本伝道が始まった。明治8年に来日した米国長老教会の宣教師W・インブリーはその豊かな才能により、教育の分野のほか政治や外交の分野にも多くの足跡を残した。彼の活動を通じ幕末から明治期にわたる「日本の近代化と宣教師」の関係を、条約改正・日露戦争など、今まで検討されなかった政治外交面から解明。

このページのトップへ

関連書籍

日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
 

このページのトップへ