安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 子どもの中世史

子どもの中世史

子どもの中世史

労働力としての存在や、薬用とされた衝撃的事実など、文献・絵画・民俗史料を駆使して、中世の子どもをめぐる様々な実態を検証。

著者 斉藤 研一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2012/01/11
ISBN 9784642063791
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中世を生きる子ども/「甑落とし」と「土器破り」(「御胞衣とゞこほる時」/文献史料に見る「甑落とし」/甑を落とす/土器を破る/安産のまじない)/付論 土器に胞衣を納める/アヤツコ考(アヤツコの発見/古記録に見るアヤツコ/アヤツコの様相/アヤツコの奉書人について/結びにかえて)/子どもの御守り(懸守りと「膚の守」/筒守り/背守り/さまざまな御守り)/働く子ども―売買される子ども―(売買される子ども/売買された子どもが従事する労働/働く子どもの姿/農書に見る子どもの労働/働く子ども、働かされる子ども)/「子取り」(子どもを取って食う鬼/子どもの連続誘拐事件の多発/薬用としての人間の臓器/「児干」という薬/鬼の正体)以下細目略/賽の河原の誕生/石女地獄について/復刊によせて…斉藤研一

このページのトップへ

内容説明

無事にこの世に生を授かり、健やかな成長を願われる一方、捨てられたり、売買されたりする存在でもあった中世の子ども。甑(こしき)落とし、アヤツコ、御守りなど、誕生・産育にまつわる営みや、賽(さい)の河原や石女(うまずめ)地獄に、人は何を見ていたのか。労働力としての存在や、薬用とされた衝撃的事実など、文献・絵画・文学・民俗史料を駆使して、その実態を検証する。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の親子

江戸の親子

近世の親子関係と子育ての実態に迫る

著者:太田 素子
 
江戸の乳と子ども

江戸の乳と子ども 441

〝乳〟をめぐる、いのちのネットワーク

著者:沢山 美果子
 
 
近代家族と子育て

近代家族と子育て

現在につながる「子育て」問題の起源に迫る

著者:沢山 美果子
 
日本幼児史

日本幼児史

無関心から子宝へ。幼児への認識変化を描く

著者:柴田 純
 
 
〈身売り〉の日本史

〈身売り〉の日本史 341

「人身売買」から見えてくる社会の本質とは

著者:下重 清
 
モノと子どもの戦後史

モノと子どもの戦後史

子どもを取りまくモノが語る戦後日本社会

 
 
子ども・老人と性

子ども・老人と性 12

七五三、姥棄等、子供・老人・性の霊性とは

著者:宮田 登
 
 

このページのトップへ