安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 黎明期を生きた女性たち

黎明期を生きた女性たち

幕末明治の阪谷・渋沢・三島・四条家

黎明期を生きた女性たち

幕末明治に活躍した4人を曾祖父にもつ著者が、その妻たちの波瀾の生涯を辿る。親族しか知りえない豊富な挿話を交え、鮮やかに描く。

著者 阪谷 芳直
阪谷 綾子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
出版年月日 2012/01/30
ISBN 9784642080699
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/黎明期の女性たち―四人の曾祖母の記―/まえがき(「婆サ」の上京―阪谷恭子の手紙―〈明治五年の船の旅/阪谷恭子の横顔/阪谷恭子の手紙〉/「雄気堂々」の蔭に―渋沢千代子の肖像―〈渋沢千代子の面影/千代子の少女時代/千代と栄一の生活/明治以降の暮らしの采配/渋沢千代の運命〉/「鬼総監」の伴侶として―三島和歌子の献身―〈懐旧談のなかの三島和歌子/鹿児島で生まれ育つ/動乱の時代に/生命をかけて/三島和歌子の強さと優しさ〉/侯爵夫人となった祇園の「赤衿さん」―四条春子の人生―〈落籍された春子/四条隆謌の本妻/妻の座とスキャンダル/明治以降の二人〉)/名器「鈴虫」のゆくえ/牧野伸顕伯の風格

このページのトップへ

内容説明

碩学として知られた阪谷朗盧(ろうろ)、日本資本主義の父渋沢栄一、自由民権弾圧の鬼県令・警視総監として恐れられた三島通(みち)庸(つね)、幕末の七卿落ちのひとり四条隆謌(たかうた)。幕末明治に活躍した彼ら4人を曾祖父にもつ著者が、その妻たちの波瀾の生涯を辿る。親族しか知りえない豊富な挿話を交え、激動の時代に生きた女性たちの姿を描く。名著『三代の系譜』女性篇。

【編集者の眼】
 ありていにいえば、阪谷芳直氏の曾祖母4人の伝記である。これは、さかのぼれば曾祖母というわけであり、当時、その4人に親しい交流があったわけでないから、個別の生き様の羅列のように思われるかもしれない。
しかし曾祖母4人の夫(つまり著者の曾祖父)は幕末明治期にいずれも名をあげた人物で、歴史の辞書に記載がある。すなわち阪谷朗廬、三島通庸、渋沢敬三、四条隆謌であり、激動の時代を漕ぎ抜いた夫と、その妻の物語が面白くないわけがない。
出会いや別れ、家族との絆、一族の興隆……。親族だからこそ知り得た挿話を交えてつむがれる系譜はとても興味深い。学者、政治家、実業家、軍人と、それぞれの立場で近代史に足跡をのこした人物がどのような家庭環境にあったのか、日常の出来事のなかから浮かび上がる。
新しい時代をむかえ奮闘たくましい妻たちの姿も活写される。知られざる立志伝だ。(夕)

このページのトップへ

関連書籍

渋沢栄一

渋沢栄一

近代日本の発展に多大な役割演じた大実業家

著者:土屋 喬雄
 
 

このページのトップへ