安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 聖武天皇が造った都

聖武天皇が造った都 339

難波宮・恭仁宮・紫香楽宮

聖武天皇が造った都

難波宮・恭仁宮・紫香楽宮を造営し、転々とした聖武天皇。今なお謎の多いこの行動を、最新の発掘成果と唐の三都制をもとに読み解く。

著者 小笠原 好彦
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2012/02/20
ISBN 9784642057394
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

複都制の都―プロローグ/難波宮・京の造営(難波宮・京の再興/難波宮・京と複都制/難波宮跡を歩く)/恭仁宮・京への遷都と造営(恭仁宮・京の造営/恭仁宮に葺かれた屋瓦/恭仁宮・京と隋唐洛陽城/恭仁宮跡の遺構をたどる)/紫香楽宮と盧舎那仏の造立(紫香楽宮の造営/廬舎那仏造立と行基/紫香楽宮の探索)/甲賀宮の造営と遷都(紫香楽宮と甲賀宮/甲賀宮の性格/紫香楽宮の木簡)/聖武天皇による都城の造営と三都制(唐と日本の複都制/三都制の構想)/甲賀宮の造営と遷都の意味―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

奈良時代、聖武天皇は難波宮(なにわのみや)・京を再興し、ついで突然に平城京を出ると、恭仁宮(くにのみや)・京、紫香楽宮(しがらきのみや)を造営。5年間にわたって、これらの都城を転々とした。また、紫香楽宮の近くでは、盧舎那仏(るしゃなぶつ)の造立も行う。聖武天皇がこのように都を遷し、大仏を造立したのはなぜか。都城の最新の発掘成果と唐の三都制に注目して、今なお残る謎を鮮やかに解明する。

このページのトップへ

関連書籍

天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447

天皇との関係から古代国家の姿を描く!

著者:十川 陽一
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
 
宮都と木簡

宮都と木簡

平城京、大和古道…読者を古代史世界へ誘う

著者:岸 俊男
 
古代の都はどうつくられたか

古代の都はどうつくられたか 313

各国の都の姿に中国の統治思想の受容を探る

著者:吉田 歓
 
 
飛鳥から藤原京へ

飛鳥から藤原京へ 1

宮都や寺院にみる、国家の始まりと文明開化

著者:木下 正史
佐藤 信
 
古代を考える 宮都発掘

古代を考える 宮都発掘

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:坪井 清足
 
 

このページのトップへ