安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の祭祀考古学

日本古代の祭祀考古学

日本古代の祭祀考古学

祭祀遺跡から出土する鉄や亀卜、墨書土器などを分析。国家・地域の枠組みが形成される上で祭祀・信仰がどう関わってきたか考察する。

著者 笹生 衛
ジャンル 日本歴史 > 古代史
宗教史 > 神道
考古学
出版年月日 2012/02/22
ISBN 9784642024938
判型・ページ数 A5・382ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章―問題の所在と視点―/古墳時代における祭祀と祭具の再検討(古墳時代における祭具の再検討―千束台遺跡祭祀遺構の分析と鉄製品の評価を中心に―/考古資料から見た古代の亀卜・卜甲と卜部/「祖・おや」の信仰と系譜―考古資料と集落・墓域の景観から見た古代の祖先祭祀―)/神郡における神社・祭祀の史的背景(『常陸国風土記』と古代の祭祀―考古資料から見た鹿島神宮と浮島の祭祀―/祭祀遺跡の分布と変遷から見た東国神郡の歴史的背景―安房国安房郡の事例を中心に―/宗像沖ノ島祭祀遺跡における遺物組成と祭祀構造―鉄製品・金属製模造品の分析を中心に―/東国神郡内における古代の神仏関係―香取郡・香取神宮周辺の事例から―/附章 房総半島における擬餌針の系譜―考古資料からのアプローチ―)/古代集落と滅罪信仰(考古学から見た『日本霊異記』―東国の仏教関連遺跡の動向から―/瓦塔の景観と滅罪の信仰―瓦塔が建てられた景観と経典との関連を中心に―/古代東国における「罪」の信仰とその系譜―「罪」の墨書土器の解釈を中心に―)/終章―古代祭祀・信仰の形成と変遷(予察)―

このページのトップへ

内容説明

日本列島に生活した人々は、いかなる信仰を心の支えとしてきたのか。祭祀考古学の立場から、祭祀遺跡から出土する鉄の武器・農工具、鉄?や卜甲、墨書土器などを分析しつつ、記紀などの文献史料を駆使。古墳時代から平安時代にかけて、国家・地域の枠組みが形成される上で、祭祀・信仰がどう関わってきたのか、その歴史的背景を考察し解明する。

このページのトップへ

関連書籍

神と死者の考古学

神と死者の考古学 417

“祭祀考古学”の世界へ読者を誘う!

著者:笹生 衛
 
古代の王権祭祀と自然

古代の王権祭祀と自然

自然現象への人々の心性から信仰世界を解明

著者:三宅 和朗
 
 
古代祭祀論

古代祭祀論

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:中村 英重
 
 

このページのトップへ