安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の流行り病

江戸の流行り病 342

麻疹騒動はなぜ起こったのか

江戸の流行り病

人びとはいかに病と付き合ってきたのか。不可思議な禁忌や医療マニュアル、商売に利用する者…。麻疹を通して江戸社会を描く。

著者 鈴木 則子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2012/03/21
ISBN 9784642057424
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

江戸の麻疹世界―プロローグ/麻疹への注目(将軍の感染症対策/享保改革の医療政策)/医療の広がりとマニュアル化(医療の普及/「庸医」たちのマニュアル医療)/麻疹景気をめぐる攻防(麻疹政策の展開/医療の展開と禁忌の拡大/諸商売の明暗)/麻疹本を読む人々(麻疹養生書の普及/麻疹戯作のさまざま)/文久麻疹クライシス(江戸の町の混乱/麻疹出版物の氾濫/農村の困窮)/遠ざかる江戸の麻疹世界―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

「疱瘡(ほうそう)は見目定め、麻疹(はしか)は命定め」という諺(ことわざ)が語るように、江戸時代麻疹(はしか)は大人も発病し命に関わると恐れられていた。麻疹の流行により混乱する社会で、将軍から町人まで人々はいかに病と付き合ってきたのか。不可思議な禁忌(きんき)や医療マニュアル、商売に利用する者…。医学書や御触書、文学作品、浮世絵などから論じ、麻疹を通して江戸の社会を描く。

Cry編集者の眼江戸の生と死をめぐって

2009年に、新型インフルエンザが流行し、これを連日マスコミが取り上げて、感染防止のためにマスクが有効かどうかなど、パニックが起こったことは記憶に新しい。本書でとりあげるのは、今よりも感染症などの病気による死が身近だった江戸時代の話。麻疹(はしか)は十数年の周期で流行を繰り返していたが、治療法や禁忌をめぐって情報が飛び交い、当時の版元が繁盛していたことは、新鮮な驚きである。文久2年には、江戸では1万4000人(当時の4%)が、麻疹やコレラで亡くなったとのことだが、この風景は大ヒットドラマ「仁-jin-」の一場面を思い起こさせる。病や死を前にしたときの私たちは、不確かな情報にも飛びついてしまう。考えさせられる一冊だ。

このページのトップへ

関連書籍

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

〈東京〉の礎を築いた巨大城下町江戸の全貌

 
江戸時代の医学

江戸時代の医学

60人を超える医伝により医学史を通観する

著者:青木 歳幸
 
 
日本医療史

日本医療史

人間は病といかに闘ってきたのか!

著者:新村 拓
 
近世医療の社会史

近世医療の社会史

身分制社会下での病・医療の特質を解明する

著者:海原 亮
 
 

このページのトップへ