安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

橘奈良麻呂の変、光明皇后の政権構想、称徳・道鏡政権、藤原種継暗殺事件など、様々なテーマを検証。政治闘争の実態に迫る。

著者 木本 好信
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2012/03/15
ISBN 9784642024945
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 孝謙・淳仁朝の政争と皇位継承(藤原仲麻呂による安積親王暗殺説の検討―横田健一説の検証を中心として―/孝謙女帝をめぐる試論―瀧浪貞子氏『女性天皇』にふれて―/光明皇太后の政治構想―光明皇太后と孝謙上皇母娘の葛藤―/橘奈良麻呂の変一齣―「?を奈羅に置く」について―/淳仁天皇と孝謙太上天皇の権能/孝謙太上天皇・淳仁天皇の帝権分離について―天皇権力と専権貴族の政治闘争再論―/『続日本紀』の「淳仁天皇廃位」条文/付一 藤原仲麻呂の大学少允補任―算生の『周髀』必修との関係―/付二 藤原宿奈麻呂(良継)と石川女郎の離別)/Ⅱ 称徳・光仁・桓武朝の政争と皇位継承(称徳・道鏡政権の実態―貴族官人層との関係―/藤原真楯薨伝について/藤原真楯薨伝再論―『公卿補任』尻付と「功臣家伝」―/称徳女帝の「遺宣」―光仁天皇の立太子事情―/氷上川継事件と藤原浜成―桓武朝の成立と天武皇統の終焉―/藤原種継の暗殺事件と早良廃太子/藤原種継の暗殺事件と五百枝王)

このページのトップへ

内容説明

奈良の都では、皇族や藤原氏ら貴族たちによって、皇位継承をめぐる政争が繰り広げられた。安積親王の暗殺をはじめ、光明皇后・藤原仲麻呂体制、橘奈良麻呂の変、孝謙太上天皇・淳仁天皇の帝権分離、称徳・道鏡政権、氷上川継事件や藤原種継暗殺事件など、様々なテーマを検証。奈良時代における天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に鋭く迫る。

このページのトップへ

関連書籍

天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447

天皇との関係から古代国家の姿を描く!

著者:十川 陽一
 
古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
 
奈良の都と天平文化

奈良の都と天平文化 3

国際色豊かな文化と律令国家体制の内実

著者:西宮 秀紀
 
奈良の都

奈良の都

不比等、聖武、光明子…。天平文化の華開く

著者:笹山 晴生
 
 
県犬養橘三千代

県犬養橘三千代 262

奈良朝に華麗な血脈を築き上げた女官の生涯

著者:義江 明子
 
奈良の都

奈良の都 13

長屋王・聖武天皇・不比等…平城京の光と影

著者:直木 孝次郎
 
 
持統女帝と皇位継承

持統女帝と皇位継承 266

陰謀うずまく古代の皇位継承の実態に迫る

著者:倉本 一宏
 
古代の皇位継承

古代の皇位継承 242

天武系皇統はなかった!

著者:遠山 美都男
 
 
長屋王

長屋王 221

奈良期の皇族政治家。邸宅跡発掘交えて描く

著者:寺崎 保広
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
 
和気清麻呂

和気清麻呂

勝れた古代革新政治家の真面目新たに成る。

著者:平野 邦雄
 
律令国家と天平文化

律令国家と天平文化 4

奈良時代の実像と華麗なる天平美術の世界

著者:佐藤 信
 
 

このページのトップへ