安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 会社情報 > 会社の沿革

会社の沿革

 

社章の由来について

ピラミッドは、日本の巨大古墳を遡ること3000年、いまもエジプトの砂漠にそびえ立つ、人類が残した最古の記念碑です。スフィンクスは、その不滅の金字塔を守るかのように鎮座する人頭獅身の石像で、謎と矛盾に満ちた不思議な「人間」の象徴です。この「スフィンクスとピラミッド」の社章は、もっぱら人間の文化と歴史の出版を志すものの指標として、1949年(昭和24年)に再発足の時から使用しています。
世界史を含めた歴史全般の出版活動から、現在では主に日本史が専門の出版(国史大辞典、国史大系、人物叢書、歴史文化ライブラリー、日本史年表・地図など)を行なっており、社章のイメージも従来の性格から若干の違和を感じますが、明治創業の精神とは一脈相通ずるところがあり、これからもこの社章を大切にしていきたいと考えています。


1857年 (安政4) 創業者吉川半七が19歳で主家玉養堂(若林屋喜兵衛、日本橋かきがら町)から独立自営を許されて書物の仲買を始める。
1863年 (文久3) 半七は長姉の婚家の近江屋(貸本屋、吉川氏)を継ぎ、近江屋半七(通称・近半)として勉勵。1864年(元治元)江戸・京坂を往来して書籍の交易を行う。
1870年 (明治3) 京橋南伝馬町(現在の中央区京橋1丁目)の表通りに新店舗(吉川書房)を開く。扱う書物は、新時代の要望にこたえ、和漢書のほか、福沢諭吉・中村正直等の西洋文化の翻訳類も多く取揃え、とくに上方版の常備販売は他店の追随を許さぬものであった。
1872年 (明治5) 吉川書房の階上に「貸本屋」の大革新を試み、有料(1時間半銭)の書物展覧所を設け、広く内外の書籍を集めて展覧し、「来読貸観所」と称した。大槻如電は「日本における図書館の濫觴なり」と賞讃した(明治9年火災により閉鎖)。
1877年 (明治10) この頃より出版を兼業。はじめ「文玉圃」「近江屋」等の号も用いたが、多くは「吉川半七」の個人名をもって発行所とした。
1879年 (明治12)

内閣書記官、岡三橋(守節・書家)等の推挙により宮内省御用書肆となり、「幼学綱要」「萬葉集古義」「婦女鑑」等、多数の宮内省蔵版の出版を命ぜられる。
 
岡 三橋の書「得失一時 栄辱千載」(小社蔵)

1887年 (明治20) この前後より時代の趨勢に鑑み、出版専業に転じ、もっぱら地味な学術書の出版に従事する。 
1900年 (明治33) 「弘文館」の商号を建て、大部な叢書類の発行や、予約出版を行う。
1902年 (明治35) 12月、初代・吉川半七死去(63歳)。
1904年 (明治37) 合資会社「吉川弘文館」を設立する(資本金は10万円)。
1905年 (明治38) 国書刊行会の編輯所を吉川弘文館倉庫の2階に置き、この年から刊行された刊行会本の印刷・配本を引受け、1922年(大正11)までに全8期、57部、260冊を刊行。
1923年 (大正12) 関東大震災により全焼。一切の資材・資料を失う。
1929年 (昭和4) 『新訂増補国史大系』の刊行を開始する。
1943年 (昭和18) 太平洋戦争中の「出版事業令」により企業合同を行い一時事業を休止する。この年までに、国史大系  58冊を刊行する。
1949年 (昭和24) ―新しい出発― 吉川圭三他3人が出資、新生「株式会社吉川弘文館」として再発足し、現在に至る。
1958年 (昭和33) 『人物叢書』刊行開始。1963年100冊達成。続刊中。(第11回菊池寛賞受賞)
1963年 (昭和38) 『日本歴史叢書』刊行開始。続刊中。
1964年 (昭和39) 『新訂増補国史大系』全60巻(66冊)が完成。(朝日賞受賞)
1965年 (昭和40) 『国史大辞典』の編集に着手。
1968年 (昭和43) 『明治天皇紀』刊行開始。1977年(昭和52)全13巻が完結。
1996年 (平成8) 『歴史文化ライブラリー』刊行開始。続刊中。
1997年 (平成9) 『国史大辞典』全15巻(17冊)が完結。(第45回菊池寛賞受賞)

以上、小社は創業以来、人類誕生から現在に至るあらゆる分野の歴史・文化にかかわる出版を中心に歩んでまいりました。今後も読書界の要望・期待に応えるべく、良書及び魅力ある出版を目指してまいります。どうぞよろしくご支援・ご鞭撻の程願い上げます。

このページのトップへ