安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 平安語の宝庫、ついに成る! 『平安時代記録語集成』上下2冊 発売中!

平安語の宝庫、ついに成る! 『平安時代記録語集成』上下2冊 発売中!

平安語の宝庫、ついに成る!
平安時代の日記から蒐集した〈記録語〉約3万を集成。

平安時代記録語集成
上巻/下巻 附 記録語解義  発売中!

峰岸 明著
四六倍判・上製・函入

上巻 1608頁 本体34000円 (税別) 978-4-642-01474-8
下巻 1576頁 本体34000円 (税別) 978-4-642-01475-5

半世紀以前より記録語辞典の編纂を志していた国語学の権威が遺した、平安時代の記録語約3万語の資料を集成。小右記・御堂関白記・権記など11点から蒐集し、所出箇所(年月日・刊本頁行)・用例を示す。また、記録語辞典原稿の一部約2000項目を「記録語解(かい)義(ぎ)」として附載する。日本史・国語学・国文学、広く日本語に関心を有する読者必備の書。

【本書の特色】
平安時代の記録(日記)に使用されたことば「記録語」を集成した初めての書

小右記・御堂関白記・権記・兵範記など、11の日記の中から用例を蒐集
蒐集された約3万の語句を、使いやすい漢和辞典の方式により掲出
項目ごとに用例の所出箇所(記録名・年月日・刊本頁行)や引用文などを示す
膨大な用例を通覧することで、読者みずから語義を考え、既刊の辞典類の載録から洩れた語を見いだせる
これまで説かれてきた語義に修正を加え、語の使用例の年代を遡らせることが可能
下巻には記録語辞典原稿の一部、約2000項目を「記録語解義」として附載

用例蒐集の対象とした日記11点
貞信公記/九暦/小右記/御堂関白記/権記/左経記/春記/帥記/水左記/後二条師通記/兵範記

 ※組見本をご覧になりたい方は、カタログデータを参照下さい。
 カタログデータをダウンロードする

同時代の仮名文学とは異なる、
和様漢文で書かれた日記のことば”記録語”の世界へ!
 


 ご注文は最寄りの書店、または小社営業部まで。

 

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

平安時代記録語集成 上

平安時代記録語集成 上

平安時代の〈記録語〉約3万語の資料を集成

著者:峰岸 明
 
平安時代記録語集成 下

平安時代記録語集成 下

平安時代の〈記録語〉約3万語の資料を集成

著者:峰岸 明
 
 

このページのトップへ