安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > PR誌『本郷』最新号(129号)のご案内

PR誌『本郷』最新号(129号)のご案内

 

 

年6冊刊行

 ~『本郷』ってどんな雑誌?~
<連載コーナーの紹介>

 

  ◆ ミュージアム・コレクション
全国の美術館・博物館が所蔵する古今東西の名品を、学芸員の解説とともに紹介する本誌自慢の「誌上ギャラリー(展覧会)」。臨場感あふれる表紙のカラー部分図も、圧倒的な迫力でビジュアル効果を高めています。

◆百話百言
日本史学界の碩学による巻頭エッセイ。人の世の酸いも甘いも噛み分けた先達ならではの滋味あふれる筆致は、時に人情の機微を描き、また返す刀で舌鋒鋭く社会の闇を裁ちます。

 ◆〈文化財〉取材日記
新聞やニュースを賑わす文化財!新しい発掘が歴史を塗り替えることも。そんな報道の最前線に立つ記者の視点から、文化財をめぐる問題点や現状などを聞かせていただきます。迫真のレポートをお楽しみに。

◆歴史のヒーロー・ヒロイン
各界で活躍する有名人 が、歴史上の人物にたくし、自分の思いや夢を語り尽くします。こんな人がこんな人物を…?!選ぶ人の人となりがしのばれる人選、予想もしなかった人選など、興味津津です。

 ◆江戸東京今昔めぐり
東京に残る江戸時代の痕跡を訪ね、その魅力を絵で伝える新コーナー。コーディネーター役は、やわらかなタッチで精密に事物を描く、独自のルポイラストで人気沸騰中のモリナガ・ヨウさん。毎号はどんな発見と江戸の姿が浮かび上がるのか、乞うご期待!

 ◆中世武士の肖像
時代のうねりの中、時には知略をめぐらせ権力に加勢し、時には自らの血脈を信じて戦い抜いた中世武士団。全国に散らばる名族を毎号取り上げ、彼らの興亡の歴史をそのルーツや地域との関わりから描きだす新コーナー。ご期待ください。

◆BOOK STREET(編集者の眼)
担当編集者自らが刊行図書を紹介する注目のコーナー。著者にもっとも近い立場にいる担当者ならではの、ツボをおさえた読みどころの指摘は、きっと読者の皆さんの参考になるはずです。

 この他にも、新刊の著者や文化人による、書き下ろしエッセイを、多数掲載しております。

 

最新号の目次

 

ミュージアム・コレクション
 金銅製高機 (福岡県宗像市 宗像大社神宝館) 
神威を伝える「金の織物」

 福嶋 真貴子 (宗像大社文化財管理局主任)

 

百話百言 
エッフェル塔とモーパッサン
髙橋 昌明 (日本中世史)

  

れきはく発 子どものための日本の歴史
藤尾 慎一郎(考古学)

 

「悪党」と「テロリスト」
西田 友広 (日本中世史)

 

中世対馬の地形と海上交通路
荒木 和憲 (日本中世史)

 

復元建物の見かたと「復元学」のすすめ
海野 聡  (日本建築史)

   

〈文化財〉取材日記
 小栗上野介がつくった時代
~近代化を進めた横須賀製鉄所~
丸山 孝 (神奈川新聞社編集委員)

 

見えざる鯨から問う
赤嶺 淳  (食生活誌学)

 

江戸東京今昔めぐり
第5回 江戸城5
モリナガ・ヨウ (イラストレーター)

 

中世武士の肖像
松前蠣崎氏
-「狄之嶋主」石無し大名・松前氏の光と影-
関 幸彦 (日本中世史)

 

歴史のヒーロー・ヒロイン
大杉 栄(オオスギ サカエ)
 自由を求め続けた表現者
福嶋 聡 (ジュンク堂書店難波店店長)

  

デジタル技術でせまる壮麗な人物埴輪群像
城倉 正祥 (日本考古学)

 

蘇我氏像の再構築
-本当に時代の先端を走っていたのか?-
遠山 美都男 (日本古代史)

 

 

   

”定期購読のお申し込みは?
(3 年・4年の長期購読をお申し込みの方は、お得な割引料金!と なっております。)


ご住所・お名前・電話番号・本郷定期購読希望を、明記の上、
お葉書き、またはFAX等
にて、お申し込み下さい。
おって振替用紙 (購読料振込用)を、お送り致します。

1年(6冊)1,000円 / 2年(12冊)2,000円
3年(18冊)2,800円 / 4年(24冊)3,600円


見本誌をご希望の方は小社営業部までお申し 込み下さい。

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

日産の創業者 鮎川義介

日産の創業者 鮎川義介

大正昭和の技術者、実業家。その活動と事跡

著者:宇田川 勝
 
日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
 
縄文時代

縄文時代

ここまでわかった縄文時代。研究の最前線!

 
〈総合資料学〉の挑戦

〈総合資料学〉の挑戦

歴博発、日本史研究の概要と実践例を紹介!

 
 
蘇我氏と飛鳥

蘇我氏と飛鳥

従来の蘇我氏像を書きかえ王権の聖地に迫る

著者:遠山 美都男
 
デジタル技術でせまる人物埴輪

デジタル技術でせまる人物埴輪

大迫力のデジタル画像で古代人の姿が蘇る

著者:城倉 正祥
 
 
東北の争乱と奥州合戦

東北の争乱と奥州合戦 5

東北と源氏の戦争の全貌に迫る

著者:関 幸彦
 
鯨を生きる

鯨を生きる 445

“鯨人”が語りかける捕鯨と鯨食の同時代史

著者:赤嶺 淳
 
 
古建築を復元する

古建築を復元する 444

知られざる復元の裏側をのぞき、魅力に迫る

著者:海野 聡
 
対馬宗氏の中世史

対馬宗氏の中世史

対馬を治めた宗氏と領国経営の実態に迫る!

著者:荒木 和憲
 
 
悪党召し捕りの中世

悪党召し捕りの中世

治安維持は義務か利権か。悪党の実像に迫る

著者:西田 友広
 
 

このページのトップへ