安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 〈歴史エッセイ〉ムシと考古学(小畑弘己)

〈歴史エッセイ〉ムシと考古学(小畑弘己)

小畑弘己著『タネをまく縄文人』が第5回古代歴史文化賞 大賞を受賞!
エッセイは『本郷』121号(2016.1)より再録しました。

小畑弘己

ムシと考古学

―圧痕家屋害虫学事始め―
 
エッセイイラスト
  
 クワガタやカブトムシが好きだという人もいるが、たいていムシは嫌いな人が多い。昆虫の種類は現在一〇〇万種以上が知られていて、推定種数は三〇〇万~五〇〇万といわれる。個体数も多く、ある熱帯地域では、アリだけの生物量で陸上の脊椎動物の生物量をはるかに凌駕するという。将来的な食料不足対策として、ムシ食が真剣に検討されているのもうなずける。

 彼らが地球上に現れたのは約四億年前で、四〇〇万年前に出現した人間よりもかなり古い時代から栄えていた動物である。私たち考古学者が研究対象とする遺跡は、およそ数万年前から最近までの間に人間によって築かれた生活の址であり、そこからは昆虫たちの遺骸が人との係りを示す状態で発見される。
 
 ムシは犯罪捜査でも重要な役割を果たしている。海外の人気ドラマ「ボーンズ」などでおなじみの科学捜査には昆虫や植物が事件を解く鍵としてしばしば登場する。法医昆虫学(Forensic Entomology)の研究者は、事件現場で遺体に群がるハエやウジ虫などの昆虫を生きた証人として採取する。中でも重要な役割を果たすのはクロバエである。彼らは遺体を一〇分以内に発見し、そこに卵を産み付ける。これはハエが脚先の「じょく盤」という器官に無数に生えた毛をセンサーにして、臭いや味を察知することができるためである。昆虫が犯人探しに役立った最も古い例も、中国宋代の役人宗慈による『洗冤録』(一二五五年)にある、村中の人に鎌を持参させ、ハエが群がった鎌の持ち主を犯人と特定したという事例である。また、法医学的捜査に昆虫が用いられた最初の記録(一八五五年)としては、パリ郊外の改築工事現場から発見されたミイラ化した幼児の遺体から得られたハエ(ニクバエ科)やノミの遺体などの分析から、幼児が死亡した年が一八五五年よりずっと前の一八四八年であると推定され、この年にその家に住んでいた人物が逮捕されたという事例がある。

 このような犯罪解決を可能にしたのは、昆虫の種ごとの生態による。犯罪現場においては、遺体の死亡推定時刻・原因・場所などを推定するために、遺体に群がる昆虫の生活環とその中での生育速度、腐敗の進行につれて遺体上に現れるさまざまな種の交替のパターンが使用される。たとえば、遺体の上に最初に登場するのはクロバエで、その後は、他種のハエなどの腐食性・食糞性種から、彼らや遺体を食べる捕食性・腐肉性種の甲虫、そしてその甲虫に寄生するハチやガへと昆虫の種類が変遷する。昆虫組成に表れた時間経過が死亡時刻推定に役立つのである。

 考古学研究においてもハエの種ごとの特性は、殯(遺体を埋葬するまでの期間、別の場所において遺体を管理する行為)の場所や期間を推定する際に使用された。愛媛県葉佐池古墳の遺体についたハエの囲蛹殻はニクバエ属とヒメクロバエ属のハエのもので、それらの生態から、殯は石室内でなく、明るい他所で数日間行われたと推定された。
 
 ハエにみるように、昆虫の繁殖に必要な環境や彼らが要求する食物は種ごとに決まっている。また、彼らは変温動物であるため、ほとんどが気温に鋭敏に反応する。昆虫は気候や環境の変化ストレスに直面すると、遺伝的な適応よりむしろ、適当な場所に移動して食物選択を広げるという方法で適応を果たすため、環境史復元にきわめて有効な指標となりうる。しかも、同定のしやすい個性的な形態をもち、 種類と個体数が多く、棲息域が至る所にある点なども研究資料として好都合である。

 このような昆虫のもつ特性に基づき、害虫の類もそれぞれが加害する対象物や生活域はそれぞれに異なっている。よって、遺跡の中から発見される害虫の種類と構成から当時の人々の衣食住に関する情報を得ることが可能となるのである。
 
 最近、奈良県秋津遺跡の土壌中から完全な形でクワガタが発見され、注目を集めた。低湿地遺跡の堆積物を発掘すると、タマムシやコガネムシなどの光り輝く昆虫の趐を見つけることがよくある。我が国の考古遺跡から出土するムシについては、森勇一氏の『ムシの考古学』(雄山閣、二〇一二年)に詳しい。ヨーロッパ、とくに英国においては、この考古昆虫学Archaeoentomology)の研究が盛んで、貯蔵穀物害虫から農耕の伝播やローマ軍の進軍の足跡を探ったり、衛生害虫などの組成から中世都市の人々の生活や衛生状態を探るなどの研究が盛んに行われている。

 このような中、最近、縄文土器を中心として、土器製作時に押し付けられたり、土器粘土に練り込まれたりした植物のタネや昆虫遺体などが多数発見され始めた。一見なにもないような土器の表面を意識的に観察すると、小さな穴状にタネやムシのスタンプがあることに気付く。最古の穀物探しや時代や地域ごとの穀物構成の違いなどを研究する上で、この土器表面の圧痕をシリコーンゴムなどの印象材で型取りし、種類を特定するという研究手法(レプリカ法)が効力を発揮している。これまでタネやムシは、長年、低湿地遺跡などの嫌気性土壌や炭化物の混じる焼土などから検出されたものが主たる研究対象とされてきた。しかし、ダイズやアズキが多数存在し、それらが縄文人たちによって栽培されたことを明らかにしたのはこの土器圧痕であった。

 圧痕として検出されるタネやムシは、タネの場合、穀物やマメ類などの栽培・有用植物の種実が、そしてムシの場合、家屋に住む害虫の類が高い比率で検出されるという特徴がある。これは土器が家の中(屋内)で製作された証拠でもある。
 
 この圧痕ムシの代表格がコクゾウムシSitophilus zeamaisである。コクゾウムシはオサゾウムシ科の甲虫で、ヒマラヤの麓に起源し、イネやムギ類などの穀物栽培の拡散とともに生活圏を広げた世界三大貯穀害虫の一種である。この「米喰い虫」が縄文時代の遺跡から土器圧痕として多数発見され、最も古いものは種子島の一万年前の遺跡から検出されている。これはイネとはまったく関係のない時期や地域である。ヨーロッパにおいても姉妹種のムギ類を加害するグラナリアコクゾウムシSitophilus granariusが約七〇〇〇年前のアナトリアやイスラエルの遺跡から発見されているが、我が国のコクゾウムシはそれを三〇〇〇年も遡る世界最古の貯蔵食物害虫なのである。このコクゾウムシは現在、日本全国の五〇箇所ほどの遺跡から三五〇余点が土器圧痕として発見され、青森県三内丸山遺跡では生体化石も検出されている。驚くべきことに、昆虫圧痕の九割がコクゾウムシなのである。

 縄文コクゾウムシの存在は、長期にわたる定住的な生活とドングリ・クリなどの乾燥貯蔵食物の存在を意味し、その全国的な拡散には、人の関与があったのではないかと推定している。筆者は、土器粘土中に家屋害虫たちの痕跡を探す、これを「圧痕家屋害虫学」と称し、縄文人たちのより生き生きとした住環境の復元を目指している。

 このような不思議な発見がまだ考古学の世界にはある。拙著(『タネをまく縄文人』)では「不思議」に直面した筆者の興奮と感動を皆様にお伝えしたい。
(おばた ひろき・東北アジア先史学)


このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

タネをまく縄文人

タネをまく縄文人 416

土器の中に眠っていた考古資料から解明する

著者:小畑 弘己
 
 

このページのトップへ