安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 2018年3月 シンポジウム・学会 出張販売情報

2018年3月 シンポジウム・学会 出張販売情報


<上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録記念式典>
※終了しました。たくさんのご利用ありがとうございました。   
 
2018年3月11日(日)
会場:群馬音楽センター(高崎市高松町28-2)
出店場所:2Fロビー
販売時間:11日(日)10:00ごろ~16:00ごろ

※入場無料、事前申込みは不要です。
※詳細は下記リンクよりチラシをご確認ください。
 
 

※吉川弘文館、同成社の発刊する上野三碑関連書籍を販売いたします。


 

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

多胡碑が語る古代日本と渡来人

多胡碑が語る古代日本と渡来人

最新の考古学成果で特有の文化を解明する

著者:土生田 純之
高崎市
 
前方後円墳と東国社会

前方後円墳と東国社会 1

豊穣と繁栄の東国古墳社会の実像を探る!

著者:若狭 徹
 
 
覚醒する〈関東〉

覚醒する〈関東〉 3

東国から見つめ直す古代社会の変容と終焉

著者:荒井 秀規
 
坂東の成立

坂東の成立 2

従属か、自立か―。王権との関係性を描く

著者:川尻 秋生
 
 
律令国郡里制の実像 上

律令国郡里制の実像 上

越後国城制論、出羽国府論等から実像に迫る

著者:平川 南
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
 
東国から読み解く古墳時代

東国から読み解く古墳時代 394

上毛野地域を軸に時代の様相をリアルに再現

著者:若狭 徹
 
律令国郡里制の実像 下

律令国郡里制の実像 下

里と村、地域支配と河川等から実像に迫る

著者:平川 南
 
 

このページのトップへ