安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 話題を読む キーワードは「戦後72年」

話題を読む キーワードは「戦後72年」

キーワード 「戦後72年」

8月15日は終戦の日。
戦後72回目の夏、戦争と平和を考える弊社関連図書を集めてみました。

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
 
戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
原爆ドーム

原爆ドーム 431

廃墟から世界遺産になるまでの歴史を追う

著者:頴原 澄子
 
 
自衛隊史論

自衛隊史論

創設60年の歴史を辿り、軍事の役割を問う

著者:佐道 明広
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
戦没者合祀と靖国神社

戦没者合祀と靖国神社

誰が祀られ、誰が祀られなかったのか

著者:赤澤 史朗
 
海外戦没者の戦後史

海外戦没者の戦後史 377

今も続く遺骨収容と戦没者慰霊の現実に迫る

著者:浜井 和史
 
 
戦死者霊魂のゆくえ

戦死者霊魂のゆくえ

「英霊」でない鎮魂の形。戦死者供養を探る

著者:岩田 重則
 
軍都の慰霊空間

軍都の慰霊空間

近代国家による民衆統合の様相を解明する

著者:本康 宏史
 
 
慰霊・追悼・顕彰の近代

慰霊・追悼・顕彰の近代

祭祀行為がはらむ多様な政治的力学を考える

著者:矢野 敬一
 
徴兵・戦争と民衆

徴兵・戦争と民衆

厭戦感情から戦争協力へ、民衆の心情を解明

著者:喜多村 理子
 
 
徴兵制と近代日本

徴兵制と近代日本

徴兵令制定~兵役法廃止まで70余年を辿る

著者:加藤 陽子
 
近代日本の徴兵制と社会

近代日本の徴兵制と社会

徴兵制はどう近代社会に受け入れられたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
 
軍隊を誘致せよ

軍隊を誘致せよ 370

軍隊と都市との共存関係を歴史的に解明する

著者:松下 孝昭
 
北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北の護りの役割と実態を描き出す

著者:山本 和重
 
 
軍都としての帝都

軍都としての帝都 2

絶えず軍事化する近代日本最大の軍都の実態

著者:荒川 章二
 
列島中央の軍事拠点

列島中央の軍事拠点 3

多様な施設の配置が特徴の中部地方の実態

著者:河西 英通
 
 
古都・商都の軍隊

古都・商都の軍隊 4

近畿を護る〝農村〟と〝都会〟の軍隊に迫る

著者:原田 敬一
 
西の軍隊と軍港都市

西の軍隊と軍港都市 5

近代における軍事の要であった「西」を探る

著者:坂根 嘉弘
 
 
大陸・南方膨張の拠点

大陸・南方膨張の拠点 6

軍隊配備された都市の変容や地域関係を分析

著者:林 博史
 
帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

日本軍は植民地に何をもたらしたのか?

著者:坂本 悠一
 
 
日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
軍隊と地域社会を問う

軍隊と地域社会を問う 9

人々の生活の中の軍隊の風景。シリーズ完結

 
 
〈沖縄〉基地問題を知る事典

〈沖縄〉基地問題を知る事典

40のテーマで様々な疑問に答える読む事典

 
米軍基地の歴史

米軍基地の歴史 336

起源から「普天間」まで、徹底的に解明!

著者:林 博史
 
 
沖縄の戦争遺跡

沖縄の戦争遺跡

数千件から厳選し写真と解説で実態に迫る

著者:吉浜 忍
 
沖縄 空白の一年

沖縄 空白の一年

戦後なき沖縄の原点、「空白の1年」に迫る

著者:川平 成雄
 
 
沖縄 占領下を生き抜く

沖縄 占領下を生き抜く 354

アメリカの極東戦略に翻弄された苦難の歴史

著者:川平 成雄
 
沖縄戦と孤児院

沖縄戦と孤児院

命を保障する場ではない、その実態を描く

著者:浅井 春夫
 
 
沖縄戦 強制された「集団自決」

沖縄戦 強制された「集団自決」 275

教科書検定で大波紋。真相と全体像を解明

著者:林 博史
 
消されたマッカーサーの戦い

消されたマッカーサーの戦い

なぜマッカーサーレポートはつくられたのか

著者:田中 宏巳
 
 
占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
 
戦後日米関係と安全保障

戦後日米関係と安全保障

戦後アメリカの対日軍事政策を実証的に解明

著者:我部 政明
 
沖縄返還後の日米安保

沖縄返還後の日米安保

なぜ米軍基地の集中化が方向づけられたのか

著者:野添 文彬
 
 
日米安保と事前協議制度

日米安保と事前協議制度

制度の全体像に迫り、日米安保の側面を暴く

著者:豊田 祐基子
 
戦後日本の防衛と政治

戦後日本の防衛と政治

政軍関係の視点から戦後日本防衛体制を分析

著者:佐道 明広
 
 
高度成長と沖縄返還

高度成長と沖縄返還 3

自由民主党の「黄金時代」を描き出す

著者:中島 琢磨
 
沖縄返還と通貨パニック

沖縄返還と通貨パニック

通貨交換の狭間で翻弄され辛酸を舐めた沖縄

著者:川平 成雄
 
 
外交交渉回想

外交交渉回想

ソ連崩壊を振り返り、北方領土問題にも提言

 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
 
昭和期の内閣と戦争指導体制

昭和期の内閣と戦争指導体制

戦争の複雑性を追究し新見解を提唱する

著者:関口 哲矢
 
昭和天皇とスポーツ

昭和天皇とスポーツ 425

国家と天皇は、スポーツに何を求めたのか?

著者:坂上 康博
 
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
二・二六事件と青年将校

二・二六事件と青年将校 19

彼らの“昭和維新”はなぜ失敗したのか

著者:筒井 清忠
 
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

彼らはなぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?

著者:波多野 澄雄
 
 
大本営

大本営

天皇直属の最高統帥機関。その実態に迫る!

著者:森松 俊夫
 
日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
 
日本海軍の歴史

日本海軍の歴史

戦略に着目し、日本海軍興亡史を解明

著者:野村 実
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
 
山本五十六

山本五十六 264

日本連合艦隊司令長官。“名提督”の実像!

著者:田中 宏巳
 
戦間期の日本海軍と統帥権

戦間期の日本海軍と統帥権

軍令部の構造変化などを分析し特質を究明

著者:太田 久元
 
 
軍用機の誕生

軍用機の誕生 443

世界最高水準の日本軍用機。その誕生の記録

著者:水沢 光
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
 
銃後の社会史

銃後の社会史 203

社会は戦争をどう支えたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
国民学校

国民学校 10

教育の内容と悲劇を追求する

著者:戸田 金一
 
 
稲の大東亜共栄圏

稲の大東亜共栄圏 352

品種改良の歴史にひそむ、科学的征服の野望

著者:藤原 辰史
 
靖国神社と幕末維新の祭神たち

靖国神社と幕末維新の祭神たち

祭神となった幕末志士たちの物語

著者:吉原 康和
 
 
自由主義は戦争を止められるのか

自由主義は戦争を止められるのか 426

究極の不寛容である戦争にどう向き合ったか

著者:上田 美和
 
看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
 
軍国の女たち

軍国の女たち 2

総力戦体制下、彼女たちはどう生きたか

著者:早川 紀代
 
彫刻と戦争の近代

彫刻と戦争の近代 365

戦争イメージから、平和のシンボルへ…

著者:平瀬 礼太
 
 
銅像受難の近代

銅像受難の近代

捨てられ、溶かされ、壊される。数奇な運命

著者:平瀬 礼太
 
モダン・ライフと戦争

モダン・ライフと戦争 364

1930年代の映画と戦争の意外な共犯性

著者:宜野座 菜央見
 
 
「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

女性目線から創られた国策映画の意義を解明

著者:池川 玲子
 
戦時下の日本映画

戦時下の日本映画

「娯楽」は統制されたか。昭和戦時下の日本

著者:古川 隆久
 
 
情報覇権と帝国日本Ⅱ

情報覇権と帝国日本Ⅱ

東アジアの利権獲得をめぐる挑戦と挫折

著者:有山 輝雄
 
「自由の国」の報道統制

「自由の国」の報道統制 381

〝戦争″と〝言論・報道の自由″を考える

著者:水野 剛也
 
 
「国民歌」を唱和した時代

「国民歌」を唱和した時代 302

戦意昂揚のうたを通して戦争の時代をえぐる

著者:戸ノ下 達也
 
満洲国のビジュアル・メディア

満洲国のビジュアル・メディア

建国から消滅までメディア戦略の全貌を検証

著者:貴志 俊彦
 
 
対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

豊富な図版で対日心理戦の実像に迫る!

著者:土屋 礼子
 
尾崎秀実とゾルゲ事件

尾崎秀実とゾルゲ事件

事件の真相と尾崎の実像を新資料から解明

著者:太田 尚樹
 
 
日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
陸軍登戸研究所と謀略戦

陸軍登戸研究所と謀略戦 337

科学者たちの姿から戦争と科学の関係を描く

著者:渡辺 賢二
 
 
帝国日本の技術者たち

帝国日本の技術者たち 399

戦中・戦後を生きた技術者たちの姿を描く!

著者:沢井 実
 
〈報道写真〉と戦争

〈報道写真〉と戦争

報道写真家たちの実像と戦争責任を追及する

著者:白山 眞理
 
 
戦争に隠された「震度7」

戦争に隠された「震度7」

地元新聞社の役割と、被災者の体験談を紹介

著者:木村 玲欧
 
日記に読む近代日本 4

日記に読む近代日本 4

昭和恐慌から戦争へ…。激動の時代を描く

著者:土田 宏成
 
 
史跡で読む日本の歴史 10

史跡で読む日本の歴史 10

日本の近代化を史跡で読み解き、課題を提示

著者:鈴木 淳
 
第二次世界大戦

第二次世界大戦 114

未曾有の世界戦争は人類に何をもたらしたか

著者:木畑 洋一
 
 
敵国人抑留

敵国人抑留 267

忘れられた戦争の傷跡。抑留所に光あてる

著者:小宮 まゆみ
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
皇軍兵士とインドネシア独立戦争

皇軍兵士とインドネシア独立戦争

両国の架け橋として生きた一日本人の戦後史

著者:林 英一
 
戦後改革と逆コース

戦後改革と逆コース 26

占領期を再検討。現代日本誕生の道筋を探る

著者:吉田 裕
 
 
日韓併合

日韓併合 47

要因を侵略過程と国際環境の両面から究明

著者:森山 茂徳
 
帝国日本と植民地都市

帝国日本と植民地都市 174

帝国支配がアジア都市にもたらしたものとは

著者:橋谷 弘
 
 
植民地期朝鮮の地域変容

植民地期朝鮮の地域変容

朝鮮社会の主体性や独自性に迫った意欲作

著者:加藤 圭木
 
満鉄を知るための十二章

満鉄を知るための十二章

新視点で迫る、誰も知らなかった満鉄の真実

著者:天野 博之
 
 
日中戦争と汪兆銘

日中戦争と汪兆銘 158

蒋介石に対抗した知られざる汪兆銘政権の姿

著者:小林 英夫
 
満洲国

満洲国

民族共生の道とは何か?

著者:塚瀬 進
 
 
満鉄

満鉄

戦前・戦後日本の断絶と連続を描く

著者:小林 英夫
 
総力戦体制下の満洲農業移民

総力戦体制下の満洲農業移民

食糧問題への対応という新視点から実態探る

著者:玉 真之介
 
 
日中戦争と大陸経済建設

日中戦争と大陸経済建設

占領地の経済開発や総力戦の実態を検証

著者:白木沢 旭児
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
誰でも読める 日本近代史年表

誰でも読める 日本近代史年表

人名用語全てにふりがなを付けた詳細な年表

 
 
事典 昭和戦前期の日本

事典 昭和戦前期の日本

昭和戦前期を理解する上での基礎知識を提供

著者:伊藤 隆
百瀬 孝
 
 

このページのトップへ