安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 日本の歴史学界共通の財産。『読みなおす日本史』刊行中!

日本の歴史学界共通の財産。『読みなおす日本史』刊行中!

日本の歴史学界共通の財産
今こそ〈読みなおす〉不朽の名著!

読みなおす日本史

好評刊行中!

現在では市場に出回らず入手、講読に時間と手間がかかるようになってしまっていた歴史書を発掘。研究の進展に今も寄与し続けているとともに、現在も広く読者に訴える力を有している良書を精選し順次定期的に刊行する新シリーズ!

四六判・並製・カバー装・平均240頁/「補論/解説」付き


残したい
日本史研究の進展に今も寄与し続けながら、永い間入手・講読が困難だった不朽の歴史書を発掘。
伝えたい
歴史の専門出版社としての信頼と実績による多彩な書目選定。
一冊一冊が日本の歴史学にとって永遠の財産。
読みたい
本文理解を助ける、最適任の執筆者による「補論/解説」付。
〈紙〉の本にこだわった、携え読みやすい造本。


 カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 
ダウンロード1(5.2MB)

【編集者の眼】
  最近、本の寿命が短くなっています。内容ではなく生物的(?)な意味です。書店は新刊書しか並べません。図書館も収蔵スペースの制約から、古くなった蔵書を処分しています。名著は古くなっても価値を失いません。しかし図書館にもないものは書名もわからず、探しようがありません。
 本シリーズはそのような隠れた名著を発掘し読者に提供することを目的に企画されました。読書歴ン十年のベテラン編集者があつまり、皆の同意が得られたものだけを選びました。
 『飛鳥』は数多くの読者に膾炙した名著ですし、『犬の日本史』は類書のないユニークな本、『鉄砲とその時代』は禁欲的で寡作な大先生が若い頃に全力で書き下ろした貴重な成果です。
 今後も『料理の起源』など魅力的なラインナップがつづきます。内容はいずれもかつて高い評価を得たものばかり。興味を引かれる書目が必ずあります。是非お手にとって御覧ください。(一)
 

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

暦の語る日本の歴史

暦の語る日本の歴史

改暦をめぐる歴史の真実に迫る名著!

著者:内田 正男
 
料理の起源

料理の起源

タネから胃袋まで、食文化の深層に迫る名著

著者:中尾 佐助
 
 
環境先進国・江戸

環境先進国・江戸

リサイクルなど、地球との共存を探った名著

著者:鬼頭 宏
 
謙信と信玄

謙信と信玄

越後の龍、甲斐の虎。両雄の実像に迫る名著

著者:井上 鋭夫
 
 
苗字の歴史

苗字の歴史

意味・由来・分布・歴史を分かりやすく解説

著者:豊田 武
 
鉄砲とその時代

鉄砲とその時代

よみがえる〝キリシタンの世紀〟

著者:三鬼 清一郎
 
 
飛鳥

飛鳥

蘇我氏、飛鳥寺…多彩なテーマを描いた名著

著者:門脇 禎二
 
秀吉の手紙を読む

秀吉の手紙を読む

24通の書状から読み解く天下人秀吉の実像

著者:染谷 光廣
 
 
幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

彼らはなぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?

著者:波多野 澄雄
 
日本人の地獄と極楽

日本人の地獄と極楽

仏教経典には説かれない日本人の信仰生活

著者:五来 重
 
 
地震の社会史

地震の社会史

幕末の大震災から学ぶ災害情報と救済活動

著者:北原 糸子
 
江戸の刑罰

江戸の刑罰

知られざる〝お仕置き〟の実態に迫った名著

著者:石井 良助
 
 
禅宗の歴史

禅宗の歴史

政治・外交・文化に影響を与えた禅宗の力

著者:今枝 愛真
 
漢字の社会史

漢字の社会史

漢字への人々の関わりを軸に歴史を描き出す

著者:阿辻 哲次
 
 
史書を読む

史書を読む

碩学がすすめる、歴史書の楽しみ方

著者:坂本 太郎
 
日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
 
大本営

大本営

天皇直属の最高統帥機関。その実態に迫る!

著者:森松 俊夫
 
東郷平八郎

東郷平八郎

日本海海戦の英雄の実像と史実に迫る!

著者:田中 宏巳
 
 
山名宗全と細川勝元

山名宗全と細川勝元

応仁の乱の主役を担った両雄を描いた名著

著者:小川 信
 
歴史的仮名遣い

歴史的仮名遣い

旧かなづかいを理解するための格好の手引き

著者:築島 裕
 
 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
時計の社会史

時計の社会史

世界を変えた様々な「時計」の歴史をたどる

著者:角山 榮
 
 
犬の日本史

犬の日本史

犬がますます好きになる、一万年の犬物語

著者:谷口 研語
 
 

このページのトップへ