安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 『日本歴史』2014年1~12月号

『日本歴史』2014年1~12月号

日本歴史』2014年12月号(799) 主な内容 

------------------------------------------------------------------  

【論 文】
観隆寺陵―忘れられた平安時代天皇陵の発見―…黒羽亮太
 
寺社修造にみる関ヶ原合戦後の豊臣家と家康…林 晃弘 
 
佐佐木高行日記群の全貌齋藤伸郎
 
【歴史手帖】
パリへ渡ったキリシタンの聖画―外海の聖母マリア画が語るもの―…岡 美穂子
 
【研究余録】
光厳天皇宸記とされてきた花園天皇宸記…相曽貴志
 
二人の内大臣―牧野伸顕と木戸幸一の関係―…後藤致人
 
【史料散歩】
『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』と出土文字資料―善信尼らの百済留学をめぐって―…田中史生
 
【文書館・史料館めぐり】
石川県立図書館…鷲澤淑子
 
【文化財レポート】
石見国益田の中世湊町 中須東原遺跡…… 木原 光
 
【口 絵】
『黄葉夕陽村舎詩』草稿類…(解説)地主智彦
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 
 
日本歴史』2014年11月号(798) 主な内容 

------------------------------------------------------------------

【論 文】
九世紀弾正台の京内巡察体制―検非違使成立後の弾正台の体制強化―…井上正望
 
南北朝期における河野通盛の動向と伊予守護職…堀川康史 
 
近世の帯刀と身分・職分尾脇秀和
 
らいてう平塚明子の社会集団段階構築論…小嶋 翔
 
【歴史手帖】
多賀城碑文文字への加刀…中山 薫
 
寒河尼と小山三兄弟…野口 実
 
【史料散歩】
蝦夷地分領化にともなう引き継ぎ文書―秋田県公文書館所蔵「引渡目録」―…金森正也
 
【文書館・史料館めぐり】
朝倉市 秋月郷土館…石井佐和子
 
【文化財レポート】
安倍氏の歴史を伝える史跡 鳥海柵跡…浅利英克
 
【口 絵】
平城京木簡一七一二号…(解説)馬場 基
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

 日本歴史』2014年10月号(797) 主な内容 

------------------------------------------------------------------

【論 文】
東京琉球館役所の人々と運営―「役所」との関係を中心に―深澤秋人
 
日本の対中国借款政策と幣制改革―第二次改革借款と幣制改革借款併合問題―…塚本英樹 
 
【2014年度後期 全国博物館企画展案内】
 
【歴史手帖】
宣命とミコトノリ…春名宏昭
 
【研究余録】
定海と琳実―二人の僧別当―森 哲也
 
【史料散歩】
20世紀の都市の記憶遺産―堺の郷土画家岸谷勢蔵の記録画史料―…矢内一磨
 
【文書館・史料館めぐり】
大阪市立中央図書館…外丸須美乃
 
【文化財レポート】
恵美須ヶ鼻造船所跡の調査…柏本秋生
 
【口 絵】
鉄造阿弥陀如来立像…(解説)川瀬由照
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。

 

日本歴史』2014年9月号(796) 主な内容 

------------------------------------------------------------------

【座談会 日本史の論点・争点】 
古代女帝研究の現在…荒木敏夫・佐藤長門・仁藤敦史・義江明子
               司会 小倉慈司・川尻秋生
 
【論 文】
他国稼ぎ商人の関東流入と豪農経営の転換…加納亜由子
 
社会教育行政による学校教育の包摂…佐野 誠 
 
【歴史手帖】
個別的価値から普遍的価値へ…石井寛治
 
高校教育の科目「歴史基礎」を考える③ 歴史教育の方法と大学入試改革…三谷 博
 
【研究余録】
戦時下の紙芝居にみる軍事郵便の「理想像」…後藤康行
 
【史料散歩】
東大寺に「名を籠められ」た寺田はどこ?…遠藤基郎
 
【文書館・史料館めぐり】
鹿児島大学附属図書館…木場隆司
 
【文化財レポート】
高岡城跡の詳細調査…田上和彦
 
【口 絵】
秋田城跡出土漆紙文書第11号…(解説)平川 南
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
  

日本歴史』2014年8月号(795) 主な内容 

------------------------------------------------------------------

【論 文】
南京三会の成立に関する再検討…内田敦士
 
戦国期「境目」地域の成立と維持―東上野地域と阿久沢氏を中心に―大貫茂紀 
 
幕府石垣普請における「穴太頭」と「石方棟梁」…杉江 進
 
アメリカ軍の広島県進駐と大久野島毒ガス廃棄…石田雅春
 
【歴史手帖】
高校教育の科目「歴史基礎」を考える② 「歴史基礎」の目的と概要…三谷 博
 
【研究余録】
近世前期の京都と西国大名…三宅正浩
 
【史料散歩】
会津藩の土津神社と諏方神社の古文書…間瀬久美子
 
【文書館・史料館めぐり】
白河集古苑…内野豊大
 
【文化財レポート】
北部九州の中世山林寺院跡・国史跡首羅山遺跡について…江上智恵
 
【口 絵】
六百番歌合(日本大学総合学術情報センター保管)…(解説)池田 寿
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2014年7月号(794) 主な内容 

------------------------------------------------------------------

【論 文】
無住道暁の坐禅観と法華読誦―鎌倉時代後期における宋禅受容―…新見克彦
 
嘉永六年三閉伊一揆の本質…千葉茉耶 
 
華中・華南の鉄道利権と「勢力圏」外交―第一次世界大戦期を中心に―…久保田裕次
 
「民意」による検閲―『あゝそれなのに』から見る流行歌統制の実態―…金子龍司
 
【歴史手帖】
高松塚古墳随感―壁画公開に参加して―大津 透
 
【研究余録】
<斗牛>に関する基礎的考察…中野高行
 
【史料散歩】
葵使―儀礼と権威―宇野日出生
 
【文書館・史料館めぐり】
都城市都城島津邸…有満さゆり
 
【文化財レポート】
二〇一二年度前期の史跡等の指定(下)
 
【口 絵】
(元和八年)六月二十九日 南光坊天海書状(板倉勝重宛)…(解説)松澤克行
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 
日本歴史』2014年6月号(793) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
戦国期足利将軍家の任官と天皇…木下昌規
 
萩反射炉再考…道迫真吾 
 
明治初期の地方官の権限と地方税…柏原洋太
 
芦田均と政民連携運動―一九三〇年代の外交と政党政治の関係をめぐって―…矢嶋 光
 
【歴史手帖】
植民地朝鮮の日本人少女たち…広瀬玲子
 
高校教育の科目「歴史基礎」を考える①
 「歴史基礎」検討の発端と学術会議分科会での議論…三谷 博
 
【研究余録】
阿衡問題と「文人」…今 正秀
 
天文台が描かれた「江戸城吹上御庭図」…松尾美惠子
 
【史料散歩】
古記録と『九条殿遺誡』…石田実洋
 
【文書館・史料館めぐり】
東寺宝物館…新見康子
 
【文化財レポート】
二〇一二年度前期の史跡等の指定(上)
 
【口 絵】
紙本墨書近江国愛智郡司解 天平宝字六年四月付…(解説)酒井芳司
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2014年5月号(792) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
皇極紀にみえる常世神事件の再検討…武智 功
 
異国船打払令の布告問題と漂流民救助―江川家文書「異国評議書」より―…上白石 実 
 
公同会運動をめぐるヤマト・メディアの諸相…草野泰宏
 
【2014年度前期 全国博物館企画展案内】
 
【歴史手帖】
「支那通」としての板垣征四郎…樋口秀実
 
【研究余録】
三好元長の下山城郡代…馬部隆弘
 
【史料散歩】
「名古屋合戦記」の再検討…下村信博
 
【文書館・史料館めぐり】
立命館大学アート・リサーチセンター…越川綾子
 
【文化財レポート】
 南城市における第一尚氏の城跡―佐敷城跡・島添大里城跡…山里昌次・勢理客宣子
 
【口 絵】
宮内庁宮内公文書館所蔵 大日本帝国憲法…(解説)宮間純一
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 
日本歴史』2014年4月号(791) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
奈良時代の侍従…鷺森浩幸 
 
『政基公旅引付』に見える守護の質取…高木純一 
 
近世女院御所の財政運営―天明六年「御賄所日記」を素材として―…佐藤雄介
 
東郷実の農業植民論―自給排他の植民思想―…井上将文
 
【歴史手帖】
短命内閣への着目…藤井信幸
 
【国史学界の今昔】
戦争体験と思想史研究(下)…尾藤正英
                  (聞き手)大口勇次郎・高村直助
 
【史料散歩】
東北大学附属図書館狩野文庫蔵・松原右仲『万国輿地全図』…桐原健真
 
【文書館・史料館めぐり】
横浜市史資料室…羽田博昭 
 
【口 絵】
アレキサンダー・フォン・シーボルト書翰…(解説)中野裕子
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2014年3月号(790) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
祢軍の倭国出使と高宗の泰山封禅―祢軍墓誌の「日本」に寄せて―…葛 継勇
 
戦国期北条領国における武蔵松山領―支城領の再検討に向けて―…伊藤拓也
 
近世中後期における寺社朱印改め―播磨国の事例を中心に―松本和明
 
明治初期における官民訴訟の形成と再編…湯川文彦
 
【歴史手帖】
寺院が所蔵する資料の現状と課題…畑 尚子
 
【国史学界の今昔】
戦争体験と思想史研究(上)…尾藤正英
           (聞き手)大口勇次郎・高村直助
 
【研究余録】
先代・中先代・当御代…鈴木由美
 
【史料散歩】
国立公文書館所蔵の「内閣記録出納簿類」…下重直樹
 
【文書館・史料館めぐり】
府中市郷土の森博物館…花木知子 
 
【口 絵】
宮城前避難バラック(徳永柳州)…(解説)高野宏康
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2014年2月号(789) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
刀伊の襲来からみた日本と高麗の関係…篠崎敦史
 
南北朝前期「大将軍」上野頼兼の位置付け…水野圭士
 
一八世紀の対外関係と「藩屏」認識対馬藩における「藩屏」の「役」論をめぐって―…吉村雅美
 
一九三五年の『新生』不敬記事事件…吉井文美
 
【歴史手帖】
徳川慶勝と明治の写真師…白根孝胤
 
いま、私が書き遺しておきたいと思っていること…松尾章一
 
【研究余録】
中御門家本『類聚三代格』…中村憲司
 
【史料散歩】
宇都宮太郎陸軍大将の三意見書―若き日の大陸政策に関する提議―…斎藤聖二
 
【文書館・史料館めぐり】
土浦市立博物館…野田礼子
 
【文化財レポート】
神仏習合の宮寺・石清水八幡宮境内の調査について…小森俊寛・大洞真白
 
【口 絵】
山県有朋枢密院議長辞職「陳情書」…(解説)伊藤 隆
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2014年1月号(788) 主な内容

------------------------------------------------------------------

新年特集号 この博物館がすごい!
新年特集にあたって…『日本歴史』編集委員会
 
少し異なる地域博物館…鈴木靖民
 
資料館・風景・街―北海道上ノ国町・江差町の資料館―保科智治
 
合わせ技・プラスアルファの魅力を発見する…有馬 学
 
原寸大復元展示の魅力…清水克行
 
野外の展示や施設を楽しむ…七海雅人
 
博物館は「浮き世離れ」した場所か?…宮瀧交二
 
地震災害資料の展示と博物館・資料館…矢田俊文
 
「展示」と「箱」と「土地」…小沢朝江
 
こどもたちと歴史をつなぐ博物館…髙山慶子
 
戦った者たちの魂魄が漂う博物館…山室建德
 
上州のステキな博物館…野口華世
 
博物館・フィールド・ひと…若狭 徹
 
鉄道と近代化…亀谷弘明
 
城跡をもっと楽しむ博物館…千田嘉博
 
御料牧場・運河・繊維工場の跡地を訪ねる…岡野浩二
 
中学校が本格的な博物館に変身…有富由紀子
 
「戦争」展示の博物館…岩壁義光
 
近所の小博物館の効用…小倉慈司
 
個人博物館の愉しみと命運―「西域」への夢と書道博物館―…中見立夫
 
地域博物館は「人」でもつ…西岡芳文
 
建物のない博物館―六郷用水―一寸木紀夫
 
世田谷の代官屋敷が郷土資料館…松尾正人
 
観光施設と学術施設の融合が醸し出すテーマ館の底力…髙木叙子
 
小布施―長野県で一番小さな町の取組み―…柳田直美
 
信用を生む職人の心と技の文化展示…小林昌二
 
実物展示と模型展示の間…古市 晃
 
「歴史」をいかにみせるか…佐多芳彦
 
明治の総合博物館…鈴木 淳
 
古い男のモノローグ…井上智勝
 
船のくらしと記憶、伝わる守り子歌…服部英雄
 
地域とともに生きる資料館―尼崎市立地域研究史料館―…坂江 渉
 
古代玉作をテーマとする全国唯一の資料館の現在…菊地照夫
 
展示資料(本物)に埋没できる幸せ…福原 透
 
子どもたちと歴史資料館…段上達雄
 
色を持たない歴史への視点と、僕のミュージアム巡礼…木下史青
 
【論 文】
天正九年京都馬揃えと朝廷…堺 有宏
 
近世後期における南泉州村落と地主経営…萬代 悠
 
明治後期地方行政の再編―町村条例の分析から―…中西啓太
 
【歴史手帖】
「五日市憲法」草案と在米発行邦字新聞「第十九世紀」との出会い…新井勝紘
 
【文書館・史料館めぐり】
野田市郷土博物館…田尻美和子
 
【文化財レポート】
2011年度後期の史跡等の指定(下)
 
【口 絵】
安南国副都堂福義侯阮書簡…(解説)藤田励夫
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check