安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ > 【復刊リクエスト受付中です】 10社共同復刊企画 「書物復権2017」

【復刊リクエスト受付中です】 10社共同復刊企画 「書物復権2017」

◆10出版社 共同復刊◆
 
「書物復権2017」
 
 
岩波書店・紀伊國屋書店・勁草書房・東京大学出版会・白水社・法政大学出版局・みすず書房・未來社の8社でおこなわれてきました、共同復刊企画「書物復権」。
小社は2014年から参加させていただいております。
 
1997年より20回にわたり実施されてきた本企画、読者リクエストによる品切れ書目の復刊点数は900点を超えております。
 
今回小社からは17タイトルの復刊候補をラインナップいたしました。
ぜひ「書物復権2017 リクエストサイト投票ページ」より、  
読者の皆様からの【復刊リクエスト】をお寄せください!
 
公式サイトはこちら https://www.kinokuniya.co.jp/c/fukken2017/
 

書物復権2017

 

復刊ドットコムからもリクエストができます
 
 
※リクエストは2017年2月28日まで受け付けております。
※復刊決定書目は2017年4月下旬に発表いたします。 
 
※今回の復刊点数は、3~5点を予定しております。
 復刊候補タイトル以外の専門書や史料集のリクエストもお寄せください。
 「新装版」の刊行や、今後の復刊計画の参考にさせていただきます。
 
※すべてのリクエストにはお応えできない旨、あらかじめご了承ください。
 
 
吉川弘文館 復刊候補タイトル
                                 ※予価は8%税込にて表記 
 
陰陽師と貴族社会
繁田信一 著
初版2004年・最終版2004年◆A5判◆352頁◆予価9720円(本体9000円)
 
日本古代の表記と文体
沖森卓也 著
初版2000年・最終版2000年◆A5判◆368頁◆予価10584円(本体9800円)
 
弘法大師空海の研究
武内孝善 著
初版2006年・最終版2006年◆A5判◆612頁◆予価14040円(本体13000円)
 
密教の聖者 空海
高木訷元・岡村圭真 編
初版2003年・最終版2005年◆四六判◆258頁◆予価2808円(本体2600円)
 
親鸞の生涯と思想
平松令三 著 
初版2005年・最終版2005年◆A5判◆336頁◆予価8100円(本体7500円)
  
伊達政宗の研究
小林清治 著
初版2008年・最終版2008年◆A5判◆490頁◆予価12960円(本体12000円)
 
戦国大名尼子氏の研究
長谷川博史 著 
初版2000年・最終版2009年◆A5判◆304頁◆予価8640円(本体8000円)
 
中世東国の領域と城館
齋藤慎一 著
初版2002年・最終版2002年◆A5判◆338頁◆予価9720円(本体9000円)
 
火縄銃の伝来と技術
佐々木 稔 編
初版2003年・最終版2003年◆A5判◆250頁◆予価8100円(本体7500円)
 
国学思想の史的研究
鈴木暎一 著
初版2002・最終版2002年◆A5判◆254頁◆予価7560円(本体7000円)
 
幕末の情報と社会変革
岩田みゆき 著
初版2001年・最終版2001年◆A5判◆360頁◆予価8640円(本体8000円)
 
明治国家と近代美術
佐藤道信 著
初版1999年・最終版2007年◆A5判◆352頁◆予価8100円(本体7500円)
 
「故郷」という物語
成田龍一 著
初版1998年・最終版2005年◆四六判◆284頁◆予価2808円(本体2600円)
 
明治のキリスト教
高橋昌郎 著
初版2003年・最終版2003年◆A5判◆320頁◆予価9180円(本体8500円)
 
近代日本と戦争違法化体制
伊香俊哉 著
初版2002年・最終版2002年◆A5判◆352頁◆予価9720円(本体9000円)
 
死者たちの中世
勝田 至 著
初版2003年・最終版2004年◆四六判◆288頁◆予価3024円(本体2800円)
 
二・二六事件
須崎愼一 著
初版2003年・最終版2005年◆四六判◆368頁◆予価3024円(本体2800円)
 
 
 
皆様からのリクエストをお待ちしております!

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

関連書籍

弘法大師空海の研究

弘法大師空海の研究

先行研究の検討と史料批判による空海伝

著者:武内 孝善
 
 
密教の聖者 空海

密教の聖者 空海 4

真言密教の大成者=弘法大師の実像とは。

 
親鸞の生涯と思想

親鸞の生涯と思想

親鸞研究の第一人者が、思想と実像を解明

著者:平松 令三
 
 
伊達政宗の研究

伊達政宗の研究

伊達氏研究の第一人者による大著

著者:小林 清治
 
戦国大名尼子氏の研究

戦国大名尼子氏の研究

地元の史料をもとに、初めて実像を描き出す

著者:長谷川 博史
 
 
中世東国の領域と城館

中世東国の領域と城館

本拠・領域における中世城館の性格を展望

著者:齋藤 慎一
 
 
明治国家と近代美術

明治国家と近代美術

近代日本にとって“美”とは何か?

著者:佐藤 道信
 
「故郷」という物語

「故郷」という物語 2

〈知〉の揺らぎから新たなる〈歴史の知〉へ

著者:成田 龍一
 
 
近代日本と戦争違法化体制

近代日本と戦争違法化体制

戦争違法化体制が出現した歴史的意味を考察

著者:伊香 俊哉
 
 
死者たちの中世

死者たちの中世

〈死骸都市〉平安京。死者の扱いを解明。

著者:勝田 至
 
二・二六事件

二・二六事件

彼らが求めた「昭和維新」から真相に迫る

著者:須崎 愼一
 
 
日本古代の表記と文体

日本古代の表記と文体

文字資料の読解と万葉仮名の変遷を解明する

著者:沖森 卓也
 
 

このページのトップへ