安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(2013年1~12月号)

お知らせ(2013年1~12月号)

日本歴史』2013年12月号(787) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
冷泉朝における藤原実頼の立場―『清慎公記』逸文を中心に―渡辺 滋
 
奉行人明石氏の軌跡…森 幸夫
 
福岡藩神職触頭の特質―奉幣使発遣が持つ意義をめぐって―…田中由利子
 
愛知県の士族授産と名古屋電灯会社の創設…浅野伸一
 
【歴史手帖】
文禄・慶長の役余聞―水夫と漂流と―…國守 進
 
横浜開港前後の生糸商人史料…井川克彦
 
【研究余録】
藤原忠実の追善仏事と怨霊…樋口健太郎
 
【史料散歩】
毛利家文庫に伝わる借屋人願書…森下 徹
 
【文書館・史料館めぐり】
明治大学博物館刑事部門…日比佳代子
 
【文化財レポート】
二〇一一年度後期の史跡等の指定(上)
 
【口 絵】
法隆寺金堂阿弥陀如来像像内納入品(造像勧進の摺札・摺仏)…(解説)川瀬由照
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 
 

日本歴史』2013年11月号(786) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
皇極紀百済関係記事の再検討…廣瀬憲雄
 
中世後期大内氏の在京雑掌…萩原大輔
 
近世中期における江戸の「町棟梁」…川村由紀子
 
「公議」機関の閉鎖―新旧「公議所」と集議院―寺島宏貴
 
司法官任用の制度的枠組とその実態―明治二三年「判事検事官等俸給令」の制定―安原徹也
 
【歴史手帖】
昭和八八年…瀬野精一郎
 
【研究余録】
陸奥宗光をロンドンで助けたのは誰か…櫻井良樹
 
【史料散歩】
近世の人と死―色川三中・美年の日記「家事志」から―木塚久仁子
 
【文書館・史料館めぐり】
川越市立博物館…井口信久
 
【文化財レポート】
国指定史跡西南戦争遺跡の発掘調査…宮本千恵子
 
【口 絵】
平城宮木簡三七五一号…(解説)馬場 基
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2013年10月号(785) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
光孝天皇陵と仁和寺の成立―陵の位置を中心に―…渡里恒信
 
幕末別手組の活動と身分…岩崎信夫
 
内治派政権考…柏原宏紀
 
【歴史手帖】
高松塚古墳壁画修理作業室特別公開に参加して…小倉慈司
 
【研究余録】
織田信長の上洛経路…臼井 進
 
【史料散歩】
小田原落城後の北条氏一族…黒田基樹
 
【文書館・史料館めぐり】
大洗町幕末と明治の博物館…尾﨑久美子
 
【文化財レポート】
史跡「旧奥行臼駅逓所」について…戸田博史
 
【口 絵】
九条袈裟 田相黄山道文綾 条葉紺繻子地諸尊花鳥文刺繍…(解説)小林彩子
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。

 

日本歴史』2013年9月号(784) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【座談会 日本史の論点・争点】
御成敗式目四二条論…黒田弘子・鈴木哲雄・峰岸純夫
               司会 遠藤基郎・清水克行
 
【論 文】
氏族分布からみた初期陶邑古窯跡群…溝口優樹
 
将軍徳川慶喜の御印判製作過程と御用達町人…西 光三
 
明治二〇年代前半における市町村自治と衛生政策…竹原万雄
 
【歴史手帖】
対米開戦通告の一五時間遅延の謎―在華府日本大使館への責任転嫁は可能なのか―…三輪宗弘
 
【研究余録】
対馬宗氏の大蔵経輸入―杏雨書屋所蔵大蔵経の紹介を兼ねて―…須田牧子
 
【史料散歩】
「初」の名前…有馬香織
 
【文書館・史料館めぐり】
竹田市立歴史資料館…入江康太
 
【文化財レポート】
幕末佐賀藩三重津海軍所跡―在来技術と西洋技術の接点前田達男・中野 充・田口芙季
 
【口 絵】
永禄六年北国下り遣足帳…(解説)小島道裕
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 

日本歴史』2013年8月号(783) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
平安前期の牛車と官人統制…古谷紋子
 
東寺武家祈祷料所と供僧組織―山城国植松荘を事例に―…石田 出
 
八王子千人組における月番所の成立とその意義…吉岡 孝
 
華族令制定後の伊藤博文と華族―いわゆる「九条建議」問題の検討を通じて―…久保正明
 
【歴史手帖】
北米の日本学と大学図書館…バイアロック 知子
 
【研究余録】
知立事件について…高橋 賢
 
【史料散歩】
大宝賊盗律謀反条・謀叛条の復元をめぐって…小倉真紀子
 
【文書館・史料館めぐり】
上越市公文書センター…福原圭一
 
【文化財レポート】
板東俘虜収容所跡の調査...森 清治
 
【口 絵】
江川家宛本国寺住持等発給書状…(解説)地主智彦
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 

日本歴史』2013年7月号(782) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
女史と内記―律令制下の文書行政と内侍司の変容―…伊集院葉子
 
甲斐における徳川氏の天正検地―「熊蔵縄」と知行割の分析―…鈴木将典
 
天保期田原藩における「藩」意識の諸相―家老渡辺崋山の凶荒対策を中心に―…矢森小映子
 
内閣分離問題の発生と天皇親裁の実践―奏上文書の記録実態から―…川越美穂
 
【歴史手帖】
京の雑徭…吉野秋二
 
【研究余録】
重源の「入宋」と博多綱首…大塚紀弘
 
【史料散歩】
仁和寺文書「美作国留守所下文」と「江都督納言願文集」…山崎 誠
 
【文書館・史料館めぐり】
西予市城川文書館…別宮博明
 
【文化財レポート】
二〇一一年度前期の史跡等の指定(下)
 
【口 絵】
岳ノ谷窯跡群出土越前陶器…(解説)村木二郎
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 
日本歴史』2013年6月号(781) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
養老三年の軍団減定・停止とその復旧…松本政春
 
備後国人宮氏・一宮と室町幕府・守護…市川裕士
 
幕末期における草莽と諸藩―大野倹次郎とその周辺―…友田昌宏
 
衛生組合法案と町内会…白木澤涼子
 
【歴史手帖】
わたしの薬師寺…松尾尊兊
 
【研究余録】
丸山幹治の日本主義…安養寺信俊
 
褌に虱はびこる夏の陣―衆議院議員・小山田義孝の出征から帰還まで―官田光史
 
【史料散歩】
入唐僧恵蕚の書写した蘇州南禅院本『白氏文集』…田中史生
 
【文書館・史料館めぐり】
佐賀県公文書館…百武由樹
 
【文化財レポート】
二〇一一年度前期の史跡等の指定(上)
 
【口 絵】
大正十年二月十二日付田中義一宛山県有朋書翰…(解説)小林道彦
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。

 

日本歴史』2013年5月号(780) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
神部直氏の系譜とその形成―『粟鹿大明神元記』竪系図の検討を通じて―…鈴木正信
 
運慶願経にみる運慶の妻と子―女大施主と阿古丸をめぐって―野村育世
 
南京事件における幣原外交の変容…鈴木健功
 
【歴史手帖】
幼少期の岡倉天心…平井誠二
 
【研究余録】
金沢の惣構創建年次を再検証する…木越隆三
 
【史料散歩】
「国名+帳」について玉井 力
 
【文書館・史料館めぐり】
磐田市歴史文書館…山室淳子
 
【口 絵】
(永正十一年)五月二十一日付 三条西実隆書状…(解説)小森正明
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2013年4月号(779) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
『小右記』起筆考―朔旦冬至と「前記」を手掛かりに―…鈴木裕之
 
戦国期常陸大掾氏の位置づけ…中根正人
 
近世中期加越能地域の朝鮮人御用―享保四年越中国砺波郡の駅馬派遣から―横山恭子
 
江戸橋広小路の明地高札と都市社会…渡辺浩一
 
一九二〇年代京都における公私社会事業の対立…佐々木拓哉
 
【歴史手帖】
古文書の大発見が生んだ力…櫻井和人
 
【研究余録】
祢軍墓誌の「日本」と「風谷」…西本昌弘
 
平清盛と唐船…シャルロッテ・フォン・ヴェアシュア
 
【史料散歩】
空海は東寺を下賜されたか…武内孝善
 
【口 絵】
アンコール・ワット日本人墨書銘(江戸時代前期)…(解説)吉川 聡
 
近現代史の人物史料情報・書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 
 

日本歴史』2013年3月号(778) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
八世紀における諸国の交易価格と估価…宮川麻紀
 
足守木下家文書に残る三通の位記の再検討―天正一三年の秀吉の昇進と公卿たち―…遠藤珠紀
 
乾隆二十四年作成の久米島具志川間切家譜…下郡 剛
 
二〇世紀初頭の東京における貧困層救済―無料宿泊所を事例に―…町田祐一
 
一九四一年日米交渉と海南島駐留問題―海軍と外務省の動向を中心に―…小磯隆広
 
【歴史手帖】
いま大宰府界隈がおもしろい…狩野 久
 
【研究余録】
『門葉記』所収の承平・天慶の乱関係記事…根本隆一
 
『法華験記』序の寂法師と験記…市岡 聡
 
応永年号の一散状から…伴瀬明美
 
【史料散歩】
「御屋しき」は江か於大か―徳川家康自筆消息の宛名―…大野瑞男
 
【文書館・史料館めぐり】
前田土佐守家資料館…竹松幸香
 
【口 絵】
横形単気筒蒸気機関(ブリューナ・エンジン)…(解説)中野裕子
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。

 

 

日本歴史』2013年2月号(777) 主な内容

------------------------------------------------------------------

【論 文】
日本古代の「堂」と村落の仏教…藤本 誠
 
戦国期武田氏の遠江支配…柴辻俊六
 
武蔵国川越藩の支配と頭取名主制…小松賢司
 
近代郡役所における公報と広報―明治後期・近畿地方の「郡報」―太田富康
 
昭和戦前期の国体論とデモクラシー―矢部貞治・里見岸雄・大串兎代夫の比較から―…大谷伸治
 
【歴史手帖】
中世天皇の「諱」に現れた奇妙な傾向…鈴木国弘
 
【研究余録】
「吏途指南」断章二題…森 公章
 
【史料散歩】
吉田兼見の絶筆…金子 拓
 
【文書館・史料館めぐり】
大田原市黒羽芭蕉の館…新井敦史
 
【口 絵】
地蔵菩薩日課印仏(荘厳寺)…(解説)高橋典幸
 
書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息
 
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。

 

 

日本歴史』2013年1月号(776) 主な内容

------------------------------------------------------------------

新年特集号 日本史のなかの長寿
 
【論 文】
金液丹と禅師―仁明天皇の道教的長生法実践とその背景―…増尾伸一郎
 
中世女性の「長寿」と老い…久留島典子
 
隠居の処遇とその自助精神―契約で自衛した江戸の高齢者―髙木 侃
 
老年期の板垣退助と大隈重信―政治姿勢の変化と持続―真辺将之
 
【歴史手帖】
古老…関 和彦
 
「暴れっぱなし」の七十九年…細川重男
 
引退しなかった北条氏康…鴨川達夫
 
百歳を祝う―近世の長寿観―柳谷慶子
 
滝沢馬琴の晩年の心境…高牧 實
 
天保の老人、九十一年を生きる―渋沢栄一と老い―…五十嵐 卓
 
近代の老いと看取り…新村 拓
 
【研究余録】
平安貴族社会における老い…倉本一宏
 
浦島説話…三舟隆之
 
日記の記主と「老い」―藤原宗忠を中心に―松薗 斉
 
寺院の医療システム―禅宗教団を例として―…上田純一
 
治部卿入道寿官…末柄 豊
 
老いていかに生きるか―下野の老農「田村吉茂」と仙台藩儒学者「芦東山」―…大藤 修
 
江戸時代における老人の最期…川鍋定男
 
維新期の人々と老い…家近良樹
 
華族と隠居…小林和幸
 
農村老女性の境遇―『国民生活時間調査(昭和一六年調査)』より―板垣邦子
 
【口 絵】
白氏詩巻…(解説)髙橋裕次
 
新刊書案内・学界消息
 
最新号、ならびにバックナンバーのお求めは、最寄の書店、または小社営業部まで。
 

 

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check