安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(〈華族爵位〉請願人名辞典)

お知らせ(〈華族爵位〉請願人名辞典)

門閥・血縁・偉人の子孫・功績のあった人…。
なぜ華族になりたかったのか?
華族になれた人、なれなかった人、
一ランク上の爵位を望み、得られた人、得られなかった人、
一度失った爵位を取りもどした人、取りもどせなかった人、
爵位を請願した約900人を紹介! 

〈華族爵位〉請願人名辞典

松田敬之著

菊判・上製・函入・928頁
本体15000円(税別)
978-4-642-01472-4

明治2年に誕生した貴族階級〝華族〟。戦後の廃止に至る約80年間に、士族・平民からの昇格を望み請願をした約900人を収載。『授(じゅ)爵(しゃく)録(ろく)』や請願文書、政治家らの日記、新聞など公刊・未刊の諸史料を駆使し、彼らの経歴や請願年、請願理由、受理・不受理などの結果を解説する。授爵・陞爵(しょうしゃく)・復爵(ふくしゃく)者一覧や索引を付した、華族制度研究に必備の辞典。

【本辞典の特色】
明治2年の華族身分の誕生から、昭和22年の日本国憲法施行に伴う廃止まで、約80年間に士族・平民から華族への昇格を望み請願した文書を紹介する。

公家・藩主をはじめ、維新の功労者、陸軍・海軍武官・国務大臣・外交官などの文武官、偉人の子孫、実業家、神職、住職など、多種多様な請願者約900人を収載する。

宮内庁書陵部宮内公文書館所蔵の『授(じゅ)爵(しゃく)録(ろく)』全32冊をはじめ、請願文書、政治家の日記、新聞など、公刊・未刊の諸史料を駆使し、わかりやすく解説する。

〝誰〟が〝なぜなれなかったのか〟という視点からアプローチ。請願の受理・不受理の理由を見ていくことで、近代国家が求めた日本の姿の一面が見えてくる。

本文の理解を深めるため、人名や用語に多くの「ふりがな」をほどこし、項目ごとに記述の典拠を明記した信頼できる内容。さらに、収載人物の肖像写真も多数収めた。

請願年・請願理由・結果が一目でわかる編集。本文理解を深める授爵(じゅしゃく)・陞爵(しょうしゃく)・復爵(ふくしゃく)申請年月日順一覧、授爵(じゅしゃく)・陞爵(しょうしゃく)・復爵(ふくしゃく)者一覧などの付録、検索に便利な索引。

※陞爵…さらに上の爵位に上昇させること
 復爵…何らかの理由で失った爵位を復すこと

 

【華族受爵者の出身・続柄など】
皇族(摂家・名家・羽村家・清華家・半家)/藩主/神職/住職/貴族院議員/陸軍・海軍武官/国務大臣/外交官/大学教授/判事/財閥当主/民間会社社長/県知事/警視総監

【収載人物の一部】
西園寺公望/嵯峨公勝/浅野長勲/島津久光/小早川三郎/伊達邦成/勝 精/徳川慶喜/山県有朋/伊藤博文/井上 馨/大山 巌/大隈重信/岩崎久弥/大鳥圭介/渋沢栄一/桂 太郎/前島 密/後藤新平/牧野伸顕/東郷平八郎/田中義一/幣原喜重郎/高橋是清/上原勇作/伊東巳代治/北里柴三郎/斎藤 実/団 琢磨/若槻礼次郎/金子堅太郎/本庄  繁/荒木貞夫/鈴木貫太郎/長与又郎/阪谷芳郎

 カタログデータをダウンロード

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check