安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(イベント情報)

お知らせ(イベント情報)

講演会
河内長野市歴史文化遺産普及啓発事業
「中世一山寺院と河内長野」

主催:河内長野市歴史文化基本構想を活用した観光拠点づくり協議会

開催日:2018年3月10日(土)
会 場:大阪大学中之島センター304会議室
定 員:100名(事前申込制、先着順)
受講料:無料

<プログラム>
13:30 開場
14:00 挨拶
14:05 太田宏明(河内長野市教育委員会)
「河内長野の中世世界案内」
14:25 川合康(大阪大学大学院文学研究科教授)
「河内国金剛寺の成立と河内長野―地域社会から見た日本の中世社会―」
15:55 閉会

<申し込み方法>
河内長野市教育委員会生涯学習部ふるさと文化財課へお電話ください。
TEL 0721-53-1111 ※2月1日より受付開始(先着順)

このページのトップへ

【ジュンク堂書店池袋本店】JUNKUトークセッション
『畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史』刊行記念
中世の殺生と因果応報 ―やられたら、やりかえす仏教史―

中世社会の敵(かたき)討ちは、正当な行為として認められていました。敵討ちが認められる理論を仏教の因果応報思想との関連から考えます。しかし、敵討ちが次の敵討ちを招くことがありました。そうした殺し合いを断ち切る思想も仏教の因果応報思想から解明します。

○理不尽な殺人は敵討ちの対象となった。人ばかりでなく犬を殺せば犬から敵討ちされた。
○お地蔵さんにも見捨てられた人々がいた。
○六道のなかで三悪道(畜生・餓鬼・地獄)からは往生できなかった。

講 師:生駒哲郎(日本史史料研究会 代表)
日 時:2018年2月7日(水)19:00開場、19:30開演
会 場:ジュンク堂書店池袋本店 4F喫茶コーナー
定 員:40名(事前のご予約が必要です)
入場料:1000円(ドリンク付き)

※会場にて『畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史』のほか、日本史史料研究会編の新刊『将軍・執権・連署』先行発売をいたします!

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
書店ホームページ
https://honto.jp/store/news/detail_041000023969.html?shgcd=HB300

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2018年1月27日(土)・28日(日)に、埼玉県立嵐山史跡の博物館で毎年恒例のシンポジウムが開催されます。今年のテーマは「武蔵武士とその本拠」です。
会場内に歴史書懇話会の販売ブースを出展いたします。ぜひお越しください!
※要申込(1月9日締切)


【内容】
平安時代末から鎌倉時代にかけての時期における武蔵武士の本拠について、考古学、文献史学による最近の成果をもとに検討を行います。

【日時】 ※2日間とも出張販売をおこないます。
1月27日(土)12:30~16:10
・基調講演:高橋一樹 氏(武蔵大学人文学部教授)「中世前期の東国武士とその本拠」
・報告1:渡邊浩貴 氏「北武蔵の武士本拠と湧水開発」

1月28日(日)9:15~15:00
・報告2:池谷初恵 氏「北条氏の伊豆国の本拠について」
・報告3:深澤靖幸 氏「考古学から見た武蔵国府と周辺武士」
・討 論:基調講演者・報告者4名
      コーディネーター 落合義明 氏(山形大学地域教育文化学部准教授)
      コーディネーター 水口由紀子 氏(埼玉県立歴史と民俗の博物館)

【定員】 500人 (受講希望者が定員を超えた場合は抽選)

【会場】 国立女性教育会館 研修棟内の講堂 (嵐山町菅谷728)

【費用】 無料

※事前申込が必要です
→ 申込方法は埼玉県立嵐山史跡の博物館ホームページをご確認ください。


【問い合わせ】
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
TEL 0493-62-5896(代表) FAX 0493-61-1060
ホームページ http://www.ranzan-shiseki.spec.ed.jp/

このページのトップへ

お城EXPO 2017

終了しました。

12月22日(金)~24日(日)に、パシフィコ横浜にて「お城EXPO 2017」が開催されます。お城にまつわる貴重な資料展示やスペシャリストによる講演会など、お城の知識を深めていただけるプログラムが盛りだくさんのお城イベントです。
会場内に吉川弘文館の販売ブースを出展いたします。ぜひお越しください!

【開城時間】
12月22日(金)  13:00~21:00 (最終入城20:30)
12月23日(土・祝)10:00~18:00 (最終入城17:30)
12月24日(日)  10:00~17:00 (最終入城16:30)
※3日間とも出張販売をおこないます。

【会場】
パシフィコ横浜 会議センター

※入城券(有料)が必要です。

【問い合わせ】
「お城EXPO 2017」事務局
TEL 045-662-9522(平日10:00~17:00)
ホームページ http://www.shiroexpo.jp/index.html

このページのトップへ

終了しました。

上廣歴史・文化フォーラム

政宗生誕450年記念シンポジウム in 東京
伊達政宗、戦国大名から藩主へ
~支配のしくみの変遷をたどる~

歴史を通じて日本人の「生き方」を問いかける上廣歴史・文化フォーラムが、伊達政宗生誕450年を記念して、南奥羽戦国史研究会、淑徳大学、板橋区教育委員会との共同主催により開催されます。ぜひ足をお運び下さい。

<日時>
平成29年9月23日(土)
13:30~17:00(開場13:00)
※入場無料・事前申込不要・定員300名

<会場>
淑徳大学 東京キャンパス3号館 アリーナ
(東京都板橋区前野町6-32-1)

伊達政宗シンポ(東京)ちらし

<お問い合わせ先>
上廣倫理財団 歴史フォーラム担当
TEL 03-3261-8711

このページのトップへ

本講演会は、おかげ様で盛況のうちに終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。


丸善丸広百貨店東松山店

古代の東国②『坂東の成立』著者 川尻秋生先生講演会
古代の北武蔵―比企地域を中心として―

古代の東松山市は武蔵国比企郡に属していました。北武蔵と呼ばれる当地域の、私たちの足下にはどのような「古代」が埋もれているのでしょうか。武蔵国造の反乱、郡家の成立、東山道武蔵路の発掘、文字瓦などを通して、古代の北武蔵のようすを、文献史料や考古資料を提示しながら具体的に紹介していきます。

日時:2017年9月16日(土)11:00~12:00(10:30受付開始)
会場:丸善丸広百貨店東松山店(東武東上線東松山駅東口徒歩5分)
定員:20名(事前申込制 先着順)参加費無料
お申込み・お問い合わせ: 丸善丸広百貨店東松山店 ※ご来店またはお電話にて         Tel0493-23-1111(百貨店代表)
※同店で関連書フェアを開催中です。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

本講演会は、おかげ様で盛況のうちに終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。


丸善京都本店

『牛車で行こう!』刊行記念 京樂真帆子先生講演会
牛車で行ってみる?-平安貴族社会と乗り物文化-

芥川龍之介の名作「地獄変」で焼かれた牛車は、どんな乗り物だったのか? 古記録や古典文学、絵巻物を素材に、乗り降りの作法、乗車定員やマナーなど、失われた日常生活を考えてみましょう。

開催日時:7月30日(日) 15時より(開場14時30分)
会場:丸善京都本店 地下2階特設会場
先着30名様、参加費無料、要整理券。
地下2階レジカウンターで整理券を配布いたします。
電話予約可:075-253-1599。

くわしくはこちら

このページのトップへ

本講演会は、おかげ様で盛況のうちに終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

長谷川書店ネスパ茅ヶ崎店入口
<長谷川書店ネスパ茅ヶ崎店様入口>

講演会の様子
<講演会の様子>


※本講演会は終了しました。
古代の東国シリーズ第3巻『覚醒する〈関東〉』刊行を記念いたしまして、著者・荒井秀規先生の講演会を開催いたします!

  
古代の東国3『覚醒する〈関東〉』刊行記念
荒井秀規先生 講演会 「相模から見た東国古代史」
 
2017年6月17日(土)15:00~16:30
長谷川書店 ネスパ茅ヶ崎店 6階ギャラリー
定員:25名 (事前申込制・先着順)
参加費:無料
※会場にて本書および関連図書の販売をいたします。
 
◆講演内容
【相模から見た東国古代史】
坂東八国のなかでも相模国は、足柄峠を越える東国の入口の国として異彩を放つ。
律令国家の東国経営、対東北戦争のなかでの相模国の役割などに注目しながら、相模国から古代東国の歴史をひもといていきます。
 
◆参加方法
長谷川書店ネスパ茅ヶ崎店の店頭またはお電話にて承ります。
TEL 0467-88-0008
 
 
◆お問合せ・講演会会場
長谷川書店 ネスパ茅ヶ崎店
〒253-0043 神奈川県茅ヶ崎市元町1-1
JR茅ヶ崎駅北口駅前交番となり
TEL 0467-88-0008/FAX 0467-88-0007
長谷川書店ホームページ → http://books-hasegawa.co.jp/
 
 
 
講演会チラシ 
 

このページのトップへ


吉川弘文館営業部official Twitter配信
【今日は何の日】について

 

『日本史総合年表 第2版』(加藤友康/瀬野精一郎/鳥海 靖/丸山雍成 編)より、
前近代の項目について典拠史料名を示してつぶやきます。

同年表には膨大な事項が項目として取り上げられていますが、
煩雑さを避けるため一日数件の記事に絞らせていただいております。


ツイートは以下のように表記します。
【今日は何の日】和暦年月日(西暦年月日) ○○○記事○○○(備考)(典拠史料)。『日本史総合年表 第2版』より。 #yk_nannohi

 (例)【今日は何の日】治承4年9月10日(J 1180/9/30) 源(武田)信義,甲斐国で挙兵(吾妻鏡)。『日本史総合年表 第2版』より。 #yk_nannohi

西暦は1582年10月4日までをユリウス暦で表記します。年月日の前に「J」を示します。
  (例) (J 1192/3/2)
1582年10月15日からはグレゴリオ暦にて表記します。年月日の前に「G」を示します。
  (例) (G 1600/10/11)
*1582年10月5日から10月14日の間はユリウス暦の最終日(10/4)から経過した日数を表記します。

和暦→西暦の変換・計算には、
 内田正男 編著『日本暦日原典 第4版』(雄山閣出版 1992)、
 (株)まえちゃんねっと様の「換暦」 http://maechan.net/kanreki/ および、
 kobunhada様のandroid用アプリ「携暦くん」 http://android-100.com/keirekikun/  を使用させていただいております。
記して深く感謝いたします。

1記事の記述の末尾は「。」とし、記事内の句点は「.」と表記します。

死没記事はカッコ内に、没年齢・備考を注記します。年齢は、かぞえ年齢を表記します。
  (例)【今日は何の日】寛政12年9月10日(G 1800/10/27) 伊藤若冲 没(85歳、画家)。『日本史総合年表 第2版』より。 #yk_nannohi


 担当者の趣味や、時々の話題・宣伝したい新刊などにより、取り上げる記事が偏る場合がございますが、ご海容いただければ幸いです。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年1月13日より吉川弘文館営業部の公式twitterを開設しました。

新刊・重版・残部僅少本の情報や、書評掲載案内、イベント告知などリアルで有益な情報をお届けします。たまに小ネタもつぶやきます。
ぜひフォローしてください!

アカウントは「@yk_sales」,
名前は「吉川弘文館営業部official」です。

ツイログから過去のつぶやきをまとめてご覧いただくこともできます。
アドレスはこちら→
http://twilog.org/yk_sales

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check