安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(話題を読む)

お知らせ(話題を読む)

キーワード 「こどもの日」

5月5日はこどもの日。古来、端午の節句として知られていますが、1948年に国民の祝日として制定されました。子どもや年中行事に関連する小社書籍を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「災害と復興」

3月11日は東日本大震災から6年です。
地震・津波・噴火・飢饉・火事・台風・洪水…。古来、日本人の歴史は災害との闘いの歴史でもありました。終わることのない
災害に立ち向かった人々や復興の歴史など、歴史学の視点から「災害」「防災」を考えるための関連図書を紹介します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「応仁の乱」

室町時代に起こった大規模な内乱を描いた『応仁の乱』(呉座勇一著、中公新書)がベストセラーとなり、マスメディアやSNSでも話題となっています。乱の勃発(1467(応仁元)年)から550年、応仁の乱とその時代に関する小社刊行図書を紹介します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「鎖国」

先日、文部科学省が発表した次期学習指導要領の改定案で「鎖国」表記が小中学校の社会科から消えるとのことが話題になりました。「鎖国」に関する小社刊行の図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「真珠湾」

12月8日は、1941年(昭和16)に真珠湾攻撃で太平洋戦争が始まった日です。
今年(2016年)は、日米開戦から75年の節目の年。先日は、安倍首相が戦没者の慰霊のために真珠湾を訪問するとの報道がありました。戦争と平和を考える弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「真田信繁(幸村)」

2016年NHK大河ドラマの主人公は、「日本(ひのもと)一の兵(つわもの)」と讃えられた戦国武将真田信繁(幸村)。信濃の小領主だった真田家を父昌幸らと共に支え、いかにして戦国の世を生き抜いていったのか。物語の背景を理解する上でお薦めの、弊社刊行関連図書を紹介します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「赤穂浪士」

12月14日は、元禄15年(1702)に赤穂四十六士による吉良邸討ち入りが行われた日です。事件から310年を経た今なお、『忠臣蔵』として語り継がれ、日本人に愛され続けているは何故なのでしょうか? 事件の真相と江戸文化の世界に迫る弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「戦後71年」

8月15日は終戦の日。
戦後71回目の夏、戦争と平和を考える弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「山の日」

8月11日は今年から初めて国民の祝日となった山の日。その趣旨は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」とのことです。山にまつわる弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「沖縄・琉球」

6月23日は沖縄「慰霊の日」。
今では毎年多くの観光レジャーで賑わい、琉球の歴史や文化に人気が集まっていますが、一方で米軍のオスプレイ配備や普天間飛行場の移設問題など、さまざまな課題をいまなお抱えています。沖縄・琉球を考える弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「伊勢神宮」

今年(2016年)は伊勢志摩サミット開催に伴い、各国首脳が伊勢神宮を訪れ、また、NHKの人気番組『ブラタモリ』でも伊勢神宮が紹介されるなど、注目が集まっています。
伊勢神宮や神道に関連する弊社図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「本能寺の変」

天正10年(1582)年6月2日、本能寺の変が起こりました。
今なお戦国時代における大きな謎のひとつである「本能寺の変」に関わる、弊社刊行図書を紹介します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「昭和の日」

4月29日は昭和の日。昭和の時代は「天皇誕生日」という祝日でしたが、平成になってから「みどりの日」となり、2007年より「昭和の日」とされました。書名に「昭和」の文字が入る小社書籍を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「城の日」

4月6日は城の日。4(し)6(ろ)の語呂合わせ。城をテーマにした弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「高野山1200年」

弘法大師空海が、高野山に真言密教の道場を開いてから1200年。その開創記念の大法会が金剛峰寺などを会場に行なわれるなど、注目を浴びています。高野山と空海に関する弊社関連図書を集めてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キーワード 「黒田官兵衛」

2014年NHK大河ドラマの主人公は、豊臣秀吉の軍師として活躍した黒田官兵衛(孝高)。番組では豊臣秀吉が最期を迎え、いよいよ天下分け目の関ヶ原合戦に向けて時代が動き出します。物語の背景を理解する上でお薦めの、弊社刊行関連図書を紹介します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check