安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(現代語訳 吾妻鏡)

お知らせ(現代語訳 吾妻鏡)

第70回毎日出版文化賞〈企画部門〉受賞!

読める! わかる! 面白い!
鎌倉時代のもっとも基本的な歴史書、
その難解な原文を、待望の現代語訳化。
現代語で読む『吾妻鏡』ついに誕生!

現代語訳 吾妻鏡 全16巻 別巻1

五味文彦・本郷和人・西田友広編

鎌倉時代のもっとも基本的な歴史書である『吾妻鏡』。独特の漢文体で綴られたその難解な原文のすべてが、誰でも読める現代語訳ではじめて甦る。各巻ごとに時代背景をやさしく説明し、本文中の歴史用語や人名・地名などを、最新の研究成果に基づく詳細な注釈によりもれなく解説。読むほどに鎌倉時代が身近になる、待望の〈現代語訳〉ついに誕生。

四六判・上製・カバー装・平均296頁


別巻『鎌倉時代を探る』

発売中

五味文彦・本郷和人・西田友広・遠藤珠紀・杉山 巖編
四六判・256頁
2800円(税別) 978-4-642-02724-3

本編全16巻に付した解説・注は、紙幅の関係もあり、必要最小限度の事項に簡潔な説明を施すに止めた。それらを補完して、現代語訳の読者がさらに進んで原文の魅力に触れるための手がかりを提供する。さらに、『吾妻鏡』から広がる鎌倉時代の政治と法、社会と文化などの多様な問題を平易に解説。『吾妻鏡』と鎌倉時代への理解がいっそう深まる最終巻。


 推薦します

上横手雅敬氏(京都大学名誉教授)

竹宮惠子氏(漫画家・京都精華大学学長)

半藤一利(作家)


全巻申込 好評受付中!
 カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
   ダウンロード(9MB)

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check