安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(『日本歴史』について)

お知らせ(『日本歴史』について)

 

日本歴史学会編集

月刊雑誌

 
定期購読のおすすめ 日本歴史学会入会のご案内
 
  
本誌は、内容豊富な日本史専門の月刊雑誌として、また最も親しみやすい歴史知識の普及誌として、中学・高等学校の社会科教員、日本史関係の学生・大学院生・研究者、及び一般の歴史愛好者まで、幅広くご購読、ご愛読をいただいております。
古代から近現代にいたる各時代の研究論文の発表の場であるだけでなく、日本史に関する情報誌の役割も果たしています。
特に巻末の広告頁は平均32頁、主要出版社だけでなく地方出版社、自治体などの歴史関係の書籍を多数ご案内しています。独自ルートで調査した「新刊書案内」と併せ、歴史書に関する貴重な出版情報源としてご活用いただいております。
本会はどなたでも紹介なしに即時入会できます。
最新の歴史情報を提供する『日本歴史』を是非定期購読くださいますようお願い申し上げます。
 

主な内容

〈毎号掲載〉
口絵:新指定の文化財などの貴重史料を紹介。
研究論文:古代から近現代までの最新の研究成果。
 *日本歴史学会の審査を経た論文のみを掲載し、各論文の水準は高い評価を得ています。
 *2000年7月より
「日本歴史学会賞」を創設。日本史研究の発展と研究者の奨励を目的に、本誌掲載の優秀論文の執筆者に贈呈されます。
歴史手帖:歴史研究者の滋味あふれるエッセイ。
史料散歩:史料を読み込む楽しさを味わえる短編。
文書館・史料館めぐり:全国の博物館・史料館の所蔵史料・利用案内を紹介。
文化財レポート:各地の文化財発掘調査の現況を報告。
雑誌論文目録:歴史研究の諸学会・研究団体の機関誌、大学・研究機関の紀要等の収録論文を紹介。
学界消息:歴史研究者の人事異動、展示会・研究会活動等の情報を掲載。
書評と紹介:毎号10点程度の専門書を紹介。
新刊寸描書評としては取り上げにくい一般向けの書籍を紹介。
新刊書案内:日本史関連新刊図書をリストアップ!歴史関係の雑誌では群を抜いた、得難い情報源。

〈随時掲載〉
国史学界の今昔:歴史学界の長老の回顧談(第一線研究者によるインタビュー)。過去に故竹内理三氏や児玉幸多氏など。
小特集:菅原道真没後千百年(652号・2002/9)、「座次」と「席次」(648号・2002/5)、暦と日本人(633号・2001/2)など。

8%税込価格(2014年4月1日以降)
2014年5月号より
通常号(2月~12月号)=800円
(送料82円)
1月特大号=予価1050円
(送料164円)

2014年4月号までの既刊
通常号(2月~12月号)=802円
(送料82円)
既刊の1月特大号=1028円
(送料164円)
 
1年間直接購読料=8300円
(送料共)税込
(お得な割引制度を設けました。詳しくは下記のご入会の栞をお読みください)

毎月23日発売

A5判・無線綴じ
(縦210㍉×横148㍉×厚さ8㍉)
通常号(2月号~12月号)
144頁・モノクロ口絵2頁
  1月号=176頁・カラー口絵2頁

 
日本歴史学会には、専門研究者、歴史教育者、郷土史家、学生はもとより、国文学・民俗学・人文地理、政治・経済・法制史などの研究者をはじめ、一般社会人に至るまで、広く各分野の方々が会員になられています。また、アジア諸国、欧米の大学・研究機関などにも多くの会員がおり、現在の会員数は約8000人です。
ご入会には何ら制限はありません。どなたでも紹介なしに、即時入会できます。
正会員の年会費は、8300円(税込)です。
(入会金は不要、年12冊の直接頒布代(送料込))
割引制度〔各税込〕
会員会費は、下記によりお申し込みの場合には割引させていただきます。
連年割引
2年会費(24冊分・購読料)    16,000円
3年会費(36冊分)         23,500円
学生・院生割引
学生・院生会費(1年=12冊分)  5,000円
学生・院生の皆様はお得な「学生・院生割引」(年会費5,000円)をご利用のうえ、この機会に定期購読をお申込下さい。
ご入会のお申し込みは電子メール、またはハガキにて下記営業部宛にお送り下さい。郵便振替用紙(入会申込書兼用)を送らせていただきます。
バックナンバーの在庫のお問い合わせにつきましては,下記営業部までご照会下さい

〒113-0033 東京都文京区本郷 7-2-8
吉川弘文館 営業部
TEL03-3813-9151 FAX03-3812-3544

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check