安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(『日本歴史』投稿規定)

お知らせ(『日本歴史』投稿規定)

投稿規定

一、投稿できるのは、本会の下記会員です。会員でない方は、投稿前に入会の手続きをお取りください。
正会員 本会に入会を申し込み登録された会員(本誌の直接購読者)。
準会員 書店を通じて本誌を連続購読し、本会に入会を申し込み登録された会員。なお、準会員として登録を希望される方は所定の用紙をご請求ください。

一、原稿の種類・枚数は以下の通りです。
    論    文  50枚以内
    研究余録  30枚以内
原稿枚数は400字詰に換算したもので、図表・注を含めてご計算ください。図表を挿入する際は、版面に占めるスペースを考慮の上、本文を圧縮願います(おおよそ1ページで400字詰3枚分、0.5ページで1.5枚分に相当)。原稿受領時に枚数が超過している場合には、審査前の段階で縮小を要請する場合があります。

一、写真・図版等の掲載・転載許可は、執筆者の責任でお取りください。写真は紙焼き、またはデータでご提供ください。なお、写真・図版等掲載の経費をご負担いただく場合があります。

一、原稿は縦書き、A4判(横長)、本文・注ともに40字×30行でお願いいたします。この場合、論文は17枚、研究余録は10枚を上限とします。行間・天地左右の余白は広めにお取りください。
手書き原稿の場合は、原稿用紙に1マス1字、楷書でお書きください。黒または青のペン書きとし、鉛筆書きはご遠慮願います。
注は全体での通し番号とし、末尾に一括して掲出してください。

一、原稿は副本を1部添え、計2部お送りください。また、入力原稿の場合は、論考の表題、お名前を明記したCD―R等の記録媒体もお送りください。

一、原稿は完全原稿でご投稿ください。投稿後および校正時の訂正はご遠慮願います。

一、原稿は書き下ろし原稿に限ります。また、他誌への二重投稿はお控えください。

一、本誌で審査中の原稿がある場合、新規の投稿はご遠慮ください。

一、掲載原稿は返却いたしません。

一、掲載原稿の著作権の一部(複製権・公衆送信権)を、日本歴史学会に譲渡していただきます。著書などに転載する場合や、機関リポジトリ等へ電子データを搭載する場合には、必ず本会の許諾を得てください。また、本誌掲載後1年以内の転載はお控えください。

一、お問い合わせは下記にお願いいたします。

〒113-0033 東京都文京区本郷7―2―8
吉川弘文館気付 日本歴史学会

[原稿のご送付]
『日本歴史』編集部
℡03―3813―9156

[入会のお申し込み]
吉川弘文館営業部 『日本歴史』係
℡03―3813―9151

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check