安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お知らせ(明治時代史大辞典)

お知らせ(明治時代史大辞典)

“明治”を知れば“いま”が見える!
最大・最新の〈明治時代〉総合歴史辞典
日本人が自ら創造し生きた、激動の明治時代を理解するための約9500項目

明治時代史大辞典
全4巻


 

宮地正人・佐藤能丸・櫻井良樹編
四六倍判・上製・函入・平均1010頁

第1~3巻 本体各28000円
第4巻 本体20000円
全4巻セット本体=104000円

(いずれも税別)

混迷する今日、日本の進路を考える上で、日本人が自ら創りあげた“明治時代”を知ることは不可欠である。慶応3年の大政奉還より明治の終焉までを中心に、あらゆる分野の事項・人物約9500項目を詳細・正確に解説。本文挿図や参考文献、カラー別刷図版、資料・索引を収めるなど、近代日本の出発点“明治時代”への理解を深める総合歴史大辞典。

第1巻(あ~こ) 第2巻(さ~な) 第3巻(に~わ) 
第4巻 補遺・付録・索引編

第4巻 付録の目次は、第4巻の詳細ページをご覧ください。

第4巻 組見本1をみる
第4巻 組見本2をみる

 


本辞典の特色

最大・最新の〈明治時代〉総合大辞典誕生
激動する日本のこれからの社会と国家のあり方を問う手がかりとして、日本人が自ら創りあげた〈明治時代〉を知ることが求められている。〈明治時代〉を総体的に捉え、実証的に検証する画期的大辞典。

あらゆる分野の事項・人物、約9500項目を収録
政治・外交・法律・経済・社会・風俗・宗教・思想・文芸・美術・メディア・教育・皇室・女性などの分野はもちろん、軍事・技術・学術・芸能・音楽・衛生・スポーツなど、従来の日本史辞典で重視されなかった分野にも配慮。

最適な執筆陣が精確に全項目を書き下ろし
各項目に最適な執筆者820名が、署名入りで詳細・正確に書き下ろす。中央集権国家の形成、議会と憲法の成立、日清・日露戦争、そして大正・昭和へとつながる時代について、また、明治の特色でもある地域の個性を踏まえて細分化する歴史研究の成果を集成することにより、総体的に捉え直す。

『国史大辞典』未収録の項目を新たに多数収載
日本史辞典の最高峰『国史大辞典』完結後の明治時代史研究の最新成果を反映し、さらに、収載項目も『国史大辞典』より大幅に増補するなど、豊富な内容を誇る。

北海道から沖縄県まで、地域史研究の進展も踏まえた編集
各都道府県の研究者が、近年の地域史研究の進展をふまえつつ、北海道から沖縄県まで、①藩から県までの変遷、②農民一揆、③民権結社、④新聞、⑤雑誌、⑥私立学校、⑦銀行、について解説。各都道府県における動向と変化をより具体的に知ることができるよう工夫を施した。

本文理解を助ける挿図・別刷カラー図版・参考文献
記述は、高校生でも理解できる平易な文章に加え、本文理解を深める豊富な図版と充実した参考文献を掲載。また、「岩倉使節団」「医学・衛生」「建築」「広告」などをテーマにした別刷カラー図版を収め、明治時代の諸相が鮮やかによみがえる。

 明治を読み解く上で必須のデータ、詳細な索引
第4巻には、歴代内閣、要職人事、行政組織の変遷、選挙や議会、人口、農産物や工業製品の生産量など、詳細な一覧表・統計表のほか、1~3巻に掲載された人名・史料・事項などの詳細な分類別索引を収録。資料集として、また、検索の便を高める道具としても必備の1冊。

カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 ダウンロード1(6.6MB)
 ダウンロード2(9MB)


推薦します
丹念さ、幅広さに脱帽
紀田順一郎氏(文芸評論家)
明治を丸ごと詰め込んだ大辞典
佐々木 克氏(京都大学名誉教授)
「読む」たのしみ
関川夏央氏(作家) 

日本近代史研究に不可欠の大辞典
全国の公共・学校図書館、大学研究室、マスコミ関係必備!


全巻セット申込受付中!
お申込は最寄りの書店、または小社営業部まで。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check