朝鮮鐘(新装版)

新刊

和鐘に比べて僅少な朝鮮鐘の装飾や銘文、法量などのデータを豊富な図版とともに解説。『日本の梵鐘』『日本古鐘銘集成』に続く名著。

ご注文

27,500円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
著者 坪井 良平
ジャンル 美術史  > 東洋美術史
世界史  > 東洋史
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2024/01/10
ISBN 9784642016735
判型・ページ数 B5・484ページ
定価 27,500円(税込)
在庫 在庫あり
朝鮮鐘(新装版)

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

梵鐘のなかでも特に優美な形と華麗な装飾を誇る朝鮮鐘。新羅(しらぎ)から高麗(こうらい)・李朝時代に朝鮮半島で製作され、日本にも多数渡来した。和鐘に比べて僅少な朝鮮鐘の装飾や銘文、法量などのデータを、日本・韓国双方の調査で集積し、豊富な図版とともに解説する。『日本の梵鐘』『日本古鐘銘集成』に続く梵鐘研究の名著を、補論を付して新装復刊。3部作完結。

序章(朝鮮鐘の形状、装飾および特徴/朝鮮鐘の起源/朝鮮鐘の鋳造/朝鮮鐘の渡来/朝鮮鐘研究の歴史/朝鮮鐘の模倣)/新羅時代(紀年銘鐘/無紀年銘鐘/記録に見える鐘/新羅時代鐘の特色)/高麗時代前期―無立状帯鐘期(紀年銘鐘/無紀年銘鐘/紀録に見える鐘/高麗時代前期鐘の特色)/高麗時代後期―立状帯鐘期(紀年銘鐘/無紀年銘鐘/高麗時代後期鐘の特色と模倣支那鐘・韓支混淆型式鐘の抬頭)/李朝時代(紀年銘鐘/無紀年銘鐘/李朝時代鐘の特色と韓支混淆型式鐘の盛行)/詳細不明佚亡鐘(朝鮮鐘要目一覧表/韓支混淆型式鐘一覧表/詳細未詳李朝時代鐘一覧表/朝鮮鐘関係主要文献目録)/索引/図版・挿図目次/補論1 日本にある朝鮮鐘、補論2 新たに発見された朝鮮鐘