歴史文化ライブラリー 586

吉田松陰の生涯 (冊子版)

試し読み
新刊

猪突猛進の三〇年

偉人として顕彰される陰で、負の側面は看過されてきた松陰。思想形成や言動を冷静に捉えて歴史のなかに位置づけ、短い生涯をたどる。

ご注文

2,200円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
冊子版 電子書籍
著者 米原 謙
ジャンル 日本史  > 近世史
日本史  > 伝記
地域 中国地方  > 山口県
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2024/01/22
ISBN 9784642059862
判型・ページ数 四六・320ページ
定価 2,200円(税込)
在庫 在庫あり
  • 吉田松陰の生涯
  • 吉田松陰の生涯

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

幕末の長州で松下村塾を開き、明治維新の指導者を多数輩出した吉田松陰。その先駆性や志は現在でも高く評価されるが、一方で社会認識の狭さや自己中心主義といった彼の負の側面は看過されてきた。松陰とはどのような人物だったのか。思想形成や言動を冷静に分析し歴史の流れのなかに位置づけ、安政の大獄で刑死するまでの短い生涯をたどる。

松陰はどのように論じられてきたか―プロローグ

少年時代
 短い生涯
 父・杉百合之助
 叔父・玉木文之進
 兵学修行
 山鹿流兵学者・松陰

遊学
 新米の兵学師範として
 平戸に遊学
 江戸に遊学
 亡命
 東北へ旅立つ
 水戸学との出会い

ペリー来航
 萩から再び江戸へ
 ペリー艦隊来る
 密航を企図して長崎へ
 ペリー再来と密航失敗
 伝馬町牢へ

幽囚のひと
 野山獄で
 貿易をめぐって――攘夷と開国
 杉家の幽室で
 ハリスの来日
 月性と黙霖
 『講孟余話』
 山県太華との論争

急旋回――尊王攘夷から刑死へ
 通商条約調印
 松下村塾の政治セクト化
 「草莽の臣藤原矩方」
 再び獄窓から
 武士道精神
 死出の旅

死して不朽の見込あらばいつでも死ぬべし―エピローグ

略年譜
参考文献