人物叢書 323

高台院 (冊子版)

試し読み
新刊

豊臣秀吉の第一位の妻。秀吉の関白就任後は「北政所」の名に恥じない役割を果たし、浅井茶々と豊臣家の存続に尽力した生涯。

ご注文

2,530円(税込)

ネット書店で購入
honto
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
ヨドバシ.com
セブンネットショッピング
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
Honya Club.com
bookfanプレミアム
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
冊子版 電子書籍
著者 福田 千鶴
ジャンル 日本史  > 中世史
日本史  > 女性史・ジェンダー史・家族史
日本史  > 伝記
地域 近畿  > 滋賀県
近畿  > 京都府
近畿  > 大阪府
シリーズ 人物叢書
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2024/01/31
ISBN 9784642053167
判型・ページ数 四六・312ページ
定価 2,530円(税込)
在庫 在庫あり
  • 高台院
  • 高台院

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次

豊臣秀吉の第一位の妻、浅野寧(ねい)。織田信長の家臣として日々戦場の夫を支えつつ、大名の妻としての自分磨きの前半生を送る。その成果は関白豊臣家の誕生後に発揮され、「北政所」の名に恥じない役割を果たした。秀吉死後は「高台院」を名乗り、浅井(あざい)茶々と豊臣家存続に尽力する。従来の「糟糠(そうこう)の妻」イメージの「北政所」像を見直し、等身大の姿に迫る。

はしがき

第一 誕生から結婚まで
 一 高台院の本名
 二 誕生をめぐる三説
 三 実家杉原氏とその家族 
 四 木下秀吉との婚姻と養家浅野氏

第二 近江長浜時代
 一 織田信長の教訓状
 二 近江長浜での生活
 三 本能寺の変
 四 山崎城から大坂城へ

第三 北政所の時代
 一 関白豊臣秀吉の妻
 二 聚楽城と大坂城
 三 小田原の陣
 四 豊臣家の後継者
 五 秀次事件と秀吉の死
 六 寺社の再興

第四 高台院と豊臣家の存亡
 一 京都新城への移徙
 二 関ヶ原合戦
 三 出家の道
 四 豊臣秀頼との交流
 五 大坂冬の陣・夏の陣

第五 晩年とその死
 一 豊国社の解体
 二 高台院の経済力
 三 木下家定と浅野長政の死
 四 木下家の人々との交流
 五 古き友との再会と別れ
 六 高台院の最期

おわりに

杉原家・浅野家・木下家略系図
豊臣家略系図
略年譜
参考文献