人物叢書 306

藤原冬嗣 (電子書籍)

電子書籍

嵯峨天皇の側近として政界に君臨し、摂関家興隆の基礎を築く。薬子の変や頻発する自然災害を乗り越えた非凡な政治家の生涯。

ご注文

2,420円(税込)

ネット書店で購入
honto 電子書籍ストア
 紀伊國屋書店 Kinoppy
Amazon Kindle
冊子版 電子書籍
著者 虎尾 達哉
ジャンル 日本史  > 古代史
日本史  > 伝記
シリーズ 人物叢書
出版年月日
出版年月日とは
電子書籍の発行年月日は、底本の初版出版年月日を表示しています。
2020/07/30
判型・ページ数 304ページ
定価 2,420円(税込)
藤原冬嗣

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
平安前期、初代蔵人頭(くろうどのとう)を務めた藤原北家の貴族。嵯峨天皇の信任厚く、側近として政界の頂点に立ち、のちの摂関家興隆の基礎を築いた。漢詩、薫物(たきもの)にも才を発揮したほか、藤原氏の族長として氏族の結束を促し、また最澄・空海を支援するなど、仏教界にも貢献した。薬子の変や頻発する自然災害に大きく左右された時代に生きた非凡な政治家の生涯に迫る。
はしがき/父・内麻呂の時代(南家の隆盛と北家の退転/内麻呂と雄友/伊予親王の変/母・百済永継と良岑安世)/官僚としての冬嗣(官僚冬嗣の誕生/参議緒嗣の存在/蔵人頭就任/薬子の変)/冬嗣政権への道(参議就任/内麻呂の死/園人首班体制/冬嗣政権の誕生)/嵯峨朝後半期の冬嗣政権(災害頻発の国難/天人相関思想/ノブレス・オブリージュ/富豪の財力活用と国司の不正禁止)/淳和朝初期の冬嗣政権(嵯峨天皇の譲位/淳和天皇と冬嗣政権/淳和朝冬嗣政権の政策/冬嗣と緒嗣)/さまざまな冬嗣―族長・文人・合香家・仏教外護(プレ「藤