人物叢書 307

上杉謙信 (電子書籍)

電子書籍

越後国の戦国大名。関東管領を務め信玄・信長と対決し、関東出陣を目前に病没。発給文書を中心に生涯を辿り、信仰、人柄に迫る。

ご注文

2,640円(税込)

ネット書店で購入
honto 電子書籍ストア
 紀伊國屋書店 Kinoppy
Amazon Kindle
冊子版 電子書籍
著者 山田 邦明
ジャンル 日本史  > 中世史
日本史  > 伝記
地域 甲信越  > 新潟県
シリーズ 人物叢書
出版年月日
出版年月日とは
電子書籍の発行年月日は、底本の初版出版年月日を表示しています。
2020/08/31
判型・ページ数 344ページ
定価 2,640円(税込)
上杉謙信

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
越後を治めた戦国大名。父長尾為景の死後、兄晴景のあとを継ぎ春日山城に入る。関東管領の上杉氏を助けるため、しばしば関東に出兵し、やがてその姓と職を譲られる。信濃進出を狙い、武田信玄と川中島で対決。能登を攻め、織田信長を撃破。関東出陣を目前に病没する。謙信発給の書状などから生涯を描き出し、領国統治の実態や信仰、人柄に迫る。
はしがき/偉大なる父―長尾為景の功業(父と母、兄と姉/越後長尾氏の足跡/長尾為景の興起/戦国大名長尾為景の外交/内乱とその収束)/長尾景虎の登場(晴景から景虎へ/新政権の船出/長尾政景との戦いと和睦/関東と信濃への出陣/一度目の上洛)/出奔事件とその前後(国衆たちの争い/二度目の信濃出陣/天室光育に託した書状/出奔事件の結末/三度目の信濃出陣)/疾風怒濤―小田原攻囲と川中島(二度目の上洛/最初の越中出兵/二度目の関東出陣/小田原城攻囲と上杉改姓/川中島の激戦)/一進一退―北条・武田との綱引き(連年の越山/