歴史文化ライブラリー 498

石に刻まれた江戸時代 (電子書籍)

電子書籍

無縁・遊女・北前船

江戸時代に作られた供養塔や災害碑を解読。祈りや願い、神社への奉納石から海運史、石工の姿を描き自然や社会環境の実態に迫る。

ご注文

1,980円(税込)

ネット書店で購入
honto 電子書籍ストア
 紀伊國屋書店 Kinoppy
Amazon Kindle
冊子版 電子書籍
著者 関根 達人
ジャンル 日本史  > 近世史
考古学  > 考古学一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
電子書籍の発行年月日は、底本の初版出版年月日を表示しています。
2020/03/26
判型・ページ数 286ページ
定価 1,980円(税込)
石に刻まれた江戸時代

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
江戸時代、全国各地で作られた多種多様な石造物には、いかなるメッセージが込められていたのか。飢饉・事故・疫病の犠牲者や、遊女・刑死者の供養塔・災害碑などに光を当て解読する。さらに、日本海沿岸の湊町や住吉大社などへの奉納石から、海運史や地域間交流、石工の姿を描く。「歴史の証人」である石造物から、近世の自然や社会環境の実態に迫る。
「紙に書かれなかった歴史」を読み解く―プロローグ/身近な石造物(石は頑丈な「記録媒体」/多様な江戸時代の石造物)/石に刻まれた飢饉の記憶(飢饉供養塔とは/元禄・宝暦・天明・天保の飢饉と東日本/享保の飢饉と西日本)/石に刻まれた地震・津波・噴火・水害の記憶(南海トラフ巨大地震と津波災害碑/松前大島噴火と寛保の津波災害碑/寛保の大洪水と災害碑/天明の浅間山噴火と災害碑/安政江戸大地震・安政江戸大風災と災害碑)/石に刻まれた事故と疫病の記憶(大火を伝える供養塔/海難事故の犠牲者の供養塔/橋脚落下事故の犠牲者の供