歴史文化ライブラリー 504

藤原仲麻呂と道鏡 (電子書籍)

電子書籍

ゆらぐ奈良朝の政治体制

奈良時代、政治の実権を持った藤原仲麻呂と道鏡。彼らはいかに絶大な権力を握ったか。その人物像と政治背景を軸に政変の実像を探る。

ご注文

1,870円(税込)

ネット書店で購入
honto 電子書籍ストア
 紀伊國屋書店 Kinoppy
Amazon Kindle
冊子版 電子書籍
著者 鷺森 浩幸
ジャンル 日本史  > 古代史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
電子書籍の発行年月日は、底本の初版出版年月日を表示しています。
2020/07/20
判型・ページ数 240ページ
定価 1,870円(税込)
藤原仲麻呂と道鏡

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
奈良時代、天皇のそばに仕え、臣下ながら政治の実権を持った藤原仲麻呂と道鏡。太政大臣という官僚機構の最高位の地位に登りつめた彼らはいかなる基盤を持ち、絶大な権力を握ったのか。乱を起こし一族滅亡した仲麻呂、皇位に手が届いたかにみえたが失脚し追放された道鏡。二人の人物像と政治背景を軸に、奈良時代の政変と天皇家の実像を描き出す。
天皇と貴族―プロローグ/藤原仲麻呂の台頭(藤原仲麻呂の登場/安積親王とその周辺/孝謙天皇の即位/孝謙天皇の皇太子/橘奈良麻呂の変)/藤原恵美押勝の時代(淳仁天皇の即位/藤原恵美押勝の権力/光明大皇太后の死/藤原恵美押勝の乱)/道鏡と政治世界(道鏡の前半生/正倉院文書のなかの道鏡/道鏡の仏教/大臣、そして法王へ/称徳天皇即位後の政変)/道鏡事件(『続日本紀』『日本後紀』の認識/研究史の概観/事件の真相は)/仲麻呂・道鏡とは―エピローグ