歴史文化ライブラリー 507

古代の食生活 (電子書籍)

電子書籍

食べる・働く・暮らす

誰が何をどう食べたのか。米の支給方法や調理、酒の醸造と流通などからアプローチ。食事を成り立たせた社会の仕組みを明らかにする。

ご注文

1,870円(税込)

ネット書店で購入
honto 電子書籍ストア
 紀伊國屋書店 Kinoppy
Amazon Kindle
冊子版 電子書籍
著者 吉野 秋二
ジャンル 日本史  > 古代史
民俗学  > 衣・食・住
シリーズ 歴史文化ライブラリー
出版年月日
出版年月日とは
電子書籍の発行年月日は、底本の初版出版年月日を表示しています。
2020/08/20
判型・ページ数 192ページ
定価 1,870円(税込)
古代の食生活

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
目次
食べてしまえば残らないから、はるか古(いにしえ)の食生活を再現することは難しい。何をどう食べたのか、誰がどのように得ることができたのか。これら疑問に、米の支給方法や調理、消費量、酒の醸造における女性の役割、流通する酒のゆくえ、商品が行き交う東西の市場の状況、酒宴の様子などからアプローチ。食事を成り立たせた社会の仕組みを明らかにする。
古代の食生活を復元するために―プロローグ/米と飯(一日の食米〈「一日二玄米四合」/米の法定支給量/写経所文書/長屋王家木簡/「米」か「飯」か〉/炊飯と給飯〈「飯」の種類/「蒸す」か「煮る」か/飯支給の特質〉)/酒の醸造と経済(酒の醸造主体/古代の酒屋)/饗宴・共食と労働(都市の饗宴・農村の饗宴/特権としての酒宴)/乞食の風景(施行と乞食/群集化した乞食)/古代社会と食生活―エピローグ