『本郷』№165(2023年5月)

ジャンル PR誌『本郷』
出版年月日
出版年月日とは
製本所から販売会社(取次店)様への、初回搬入年月日を表示しております。書店様毎の着荷日(発売日)は地域等によって異なりますので、予めご了承くださいませ。
2023/05/01
判型・ページ数 A5・48ページ
『本郷』№165(2023年5月)

この本に関するお問い合わせ・感想

目次
ミュージアム・コレクション
不動明王坐像
平安時代(12世紀)
木造 彩色 像高82.7cm
光背・台座
康正作 慶長11年(1606)
木製 彩色・漆箔
(半蔵門ミュージアム・東京都千代田区)

醍醐寺座主義演の切望
岡崎 寛徳(半蔵門ミュージアム主任学芸員)

百話百言 
刺繍の世界
義江 明子(日本古代史)

「家からみる江戸大名」刊行に寄せて
新視点からよみとく江戸時代
野口 朋隆(日本近世史)
南部家のあり方と藩主の個性
兼平 賢治(日本近世史)

〈文化財〉取材日記
伏見山城という特異点
日山 正紀
(京都新聞社報道部編集委員)

沖縄のあゆみに学び、未来を語る
宮城 弘樹(考古学)

藩政を支えた奥女中
柳谷 慶子(日本近世史)

美術史としてのポスター研究は成り立つのか⁉
田島 奈都子(日本美術史)

江戸東京今昔めぐり
第40回 古代東海道と立石②
モリナガ・ヨウ (イラストレーター)

歴史地震をまなぶ
第7回
伊賀上野地震
加納 靖之(地震学)

歴史のヒーロー・ヒロイン
高田喜佐(たかだきさ)
日本人靴デザイナーの草分け
大谷 知子(靴ジャーナリスト)

平安貴族にとっての対外世界
渡邊 誠(日本古代史)
 
鎌倉の谷戸に交差していたもの
菊地 大樹(日本中世史)